清義明(フリーライター)

 あいちトリエンナーレの展示中止騒動がいまだ収まらない。

 事の発端は、愛知県の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が問題になったからだ。その詳細については、すでにさまざまに報じられている通りで、ここでは触れないが、8月1日から始まった展示はわずか3日間で中止になり、その主管となる愛知県知事と名古屋市長の「表現の自由」をめぐる論争バトルまで始まっている。

 「展示を撤去しなければ、ガソリン携行缶を持って行く」と、京都アニメーション放火犯を模倣するかのような脅迫まであったという。犯人は、威力業務妨害の容疑で8月7日に愛知県警により逮捕されている。

 さらに同日には、この放火予告犯に続き、あいちトリエンナーレが開催されている、愛知芸術文化センターのエレベーターで「ガソリンだ」と言って、液体を警察官の足にかけたことで、男が公務執行妨害の疑いで逮捕された。

 しかし、実を言うと、この逮捕された二人目の容疑者の事件は「表現の不自由展・その後」とはほとんど関係がない。むしろ、その騒動に巻き込まれて、本来ならば逮捕されるようなものではない微罪で逮捕されてしまったのである。

 事実は小説より奇なり。ここに笑うに笑えない、報道された右翼的な妨害活動を思わせるものとは全くかけ離れた「反アート運動」が裏にあるのをご存じだろうか。それが、この二つ目の「ガゾリンだ」と言って警察官に液体をかけた男の事件の真相なのである。

 世の中には「反アート運動」というものがあるのをご存じの方は少ないだろう。先にこれを説明しないと、この事件について理解することが難しいと思われるので、まずはこちらから説明していく。

 本来、アートとは、もっと自由なものではなかったのか? アートと呼ばれるものが商業化し、資本主義のひとつの要素として「堕落」し、それがさらに国や地方公共団体と結びついて、その一部として体制側に機能してしまってはいないか。

 このようなアートの自由を阻害するものから解放する対抗運動を「反アート」とか「超芸術」という名称で呼ぶ人もいるが、決まった名称はない。そして、その抵抗運動として、既存のアートを解放するためと称して、政府や地方公共団体と結びついた美術展やアートイベントに対抗したり、時に妨害とも言える活動を行う。これはヨーロッバでは特に珍しいものではない。
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画「表現の不自由展」の展示に苦言を呈した河村たかし名古屋市長=2019年8月2日、名古屋市東区(海野慎介撮影)
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画「表現の不自由展」の展示に苦言を呈した河村たかし名古屋市長=2019年8月2日、名古屋市東区(海野慎介撮影)
 「なごやトリエンナーレ」というアートイベントがある。先般から議論の的となっている「あいちトリエンナーレ」とは別のものだ。おそらく名古屋市民でも、このイベントについては、ほとんど知るものはいないだろう。イベントといっても、一部を除いてはゲリラ的に開催される。あいちトリエンナーレに対抗してネーミングされた、そのおふざけ感から、その正体は推測することもできるだろう。あいちトリエンナーレに対抗する「反アート運動」として開催されたのが「なごやトリエンナーレ」というゲリライベントなわけである。

 そもそもこのような反アートの思想運動として企画された「なごやトリエンナーレ」に、慰安婦像や昭和天皇の肖像などというストレートに政治的なものに興味があるはずもなく、彼らに言わせれば、芸術をめぐる、もっと崇高で志の高いものが反アートの「なごやトリエンナーレ」というゲリラ運動だったのである。