2019年08月14日 14:57 公開

イギリス・ロンドンの議会議事堂やビッグベンなど観光名所に近いウェストミンスター橋で、観光客をターゲットにしたギャンブル詐欺が横行していることが、BBCの潜入取材で明らかになった。

ギャレス・ファービー記者が隠しカメラを使って、詐欺の手口を撮影した。

映像では、14人もの集団が橋の上を占拠し、カップとボールを使った昔ながらのトリックで、観光客から金をだまし取ろうとする様子が確認できる。

勝てば金額が2倍になると言われ、観光客は1回50ポンドを賭けるものの、勝つことはできない。

ロンドン警視庁によると、橋周辺のウェストミンスター地区では今年すでに30人が、ギャンブル詐欺で逮捕されている。