三木は、初閣議で全省庁を敵に回した。役所に何の根回しもせず、滔々(とうとう)と閣僚を相手に所信を演説した。完全に宣戦布告である。官房副長官だった海部俊樹の下には、慌てた官僚たちから苦情と悲鳴と問い合わせが殺到したとか。三木は、その2年の政権で、官僚機構を敵視し、実際に振り回し続けた。ただし、例外が二つある。

 一つが検察庁。三木内閣を語る上で、ロッキード事件での田中角栄逮捕と、その際の検察との蜜月は欠かせない。こちらはよく知られている。もう一つが、内閣法制局である。三木内閣の史料を渉猟していると、政局の節目や重要政策の決定において、内閣法制局が登場する。三木の「私的」参拝は、法制局の見解なのである。

 法制局は中曽根内閣の「公式」参拝にも、日本国憲法第二十条の政教分離を理由に多くの注文を付けた。結果、靖国神社に多くの失礼を働く結果となった。そして、小泉内閣は「私的」参拝で通した。法制局見解が「私的参拝ならば、政教分離の原則と抵触しない」との見解だからだ。

 話を昭和50年の三木首相靖国神社参拝に戻す。これが社会党から国会で問題にされた。これに対する、当時の法制局長官、吉國一郎は、「天皇の行動があらゆる行動を通じて国政に影響を及ぼすことがあってはならない」と言い切った(昭和50年11月20日参議院内閣委員会)の答弁である。

 いわゆる「天皇ロボット説」を政府見解にした答弁である。それは別の話として、本論との関係で言えば、この答弁以後は天皇の靖国神社参拝は一度として行われていない。
三木武夫元首相(三木事務所にて)=1984年6月
三木武夫元首相(三木事務所にて)=1984年6月
 東條英機ら、いわゆる「A級戦犯」を合祀したので昭和天皇が参拝を忌避したなどと、何の立証もされていない議論が繰り広げているのに比して、吉國の答弁が取り上げられることはほとんどない。

 以上、今の状況で、「天皇陛下に8月15日に靖国神社に参拝していただきたい」などとお願いするのが、いかに愚論であるかを説明した。本来は正論であっても。

 ただし、断っておく。「今の状況で」という条件があることを。

 再び繰り返す。時宜にかなっていない正論は、単なる愚論よりも質が悪い。ならば、正論が通らない「状況」を動かす方策を考える。その前に原因を考える。

 自分だけが気持ちよくなる、保守商売とは決別しよう。(文中敬称略)

 追記:本論で述べた事実関係の詳細は、以下の小著を参照されたし。
『政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男』(講談社、2016年)
『検証 検察庁の近現代史』(光文社、2018年)