2019年08月16日 11:08 公開

ロシアの旅客機が14日、鳥の群れと接触し、モスクワ近郊ラメンスクの畑に緊急着陸した。

非常事態省によると少なくとも74人が負傷。ウクライナ南部クリミア半島のシンフェロポリ行きのエアバスA321(乗客乗員233人)は、モスクワを離陸直後に鳥の群れと遭遇してエンジンが故障。エンジンを止め、着陸用の車輪が出ていない状態でトウモロコシ畑に着陸した。

国営メディアは「ラメンスク上空の奇跡」と呼んでいる。