2019年08月21日 16:22 公開

豪ヴィクトリア州最高裁判所は21日、オーストラリアで複数の性的暴行罪に問われていたローマ法王庁の前財務長官ジョージ・ペル枢機卿(78)の控訴を退けた。

メルボルン地裁の陪審団は昨年12月、ペル枢機卿が1996年に当時13歳だった2人の少年に性的暴行を働いたとして有罪評決を下し、今年3月に6年の禁錮刑が言い渡されている

ペル枢機卿は、性的暴行で有罪となったカトリック教会の聖職者としては最高位。

控訴が認められればこの日に釈放される可能性もあったが、控訴が棄却されたことで、枢機卿は仮釈放が認められる2022年10月まで服役する。

<関連記事>

法廷で明らかになったこと

検察によると、ペル被告はメルボルン大司教に就任した1996年に、メルボルンのセント・パトリック大聖堂内で、ミサの後に聖歌隊の少年2人を性的に虐待した。

訴えによると被告は、少年たちが聖餐のワインを飲んだことをとがめ、それぞれの少年にわいせつ行為を強制したという。被害者のうち1人は、1997年にも虐待を受けた。

公判では、被害者の1人が法廷で証言した。もう1人の被害者は2014年、薬物の過剰摂取で亡くなっている。

昨年暮れの有罪評決は、法律上の理由から報道が規制されており、今年2月に初めて明らかになった。

控訴審では何があった?

ペル枢機卿は、陪審員が理にかなった評決を行うには証拠が不十分だったとして、判決は「理不尽だ」と主張していた。

枢機卿の弁護団は、陪審員は被害者の「裏づけのない証拠」に頼りすぎているとしていた。

しかし、ヴィクトリア州最高裁の控訴院は21日、2対1でこの主張を退けた。

アン・ファーガソン裁判長は、「クリス・マクスウェル裁判官と私は、原告は有力な目撃者であり、うそをついていないことは明らかで、夢想家でもなく、真実を目撃していたという検察側の意見を受け入れる」と説明した。

「ペル枢機卿が裁判で何かを証明する必要はなかった。裁判の全行程において、立証責任は検察側にかかっていた」

控訴棄却を受け、被害者の男性は「誰もが信じられる法体系に感謝している」と話した。

弁護士が発表した声明には、「私の道のりは簡単なものではなかった。権力者が関わっていたのでストレスが大きかった」と語った。

オーストラリアのスコット・モリソン首相は記者団に対し、「児童性的虐待の被害者に思いを寄せている。きょうだけではなく、毎日」と話した。

ペル枢機卿の弁護団は、オーストラリア高等裁判所への上告を検討することができるが、高裁がこれを受け入れるとは限らないという。

(英語記事 Cardinal Pell loses appeal against sex abuse convictions