排除する人を見つけないとアイデンティティが成立しない

中川:ただそう考えると、同じアジアでも何でUAE(アラブ首長国連邦)とかに対するコンプレックスが無いんですかね。だってドバイとか経済発展もすごいわけですよ。それでも、中国と韓国にばかり意識が向いている。やっぱり見た目が似ているというところも、ムカつくポイントなのでしょうか。

橘:似ているから許せないんじゃないですか。中国人に対する違和感って、見た目はほとんど同じなのに、考え方が違ったり、予想外のことを言ったりやったりするというところにあるのでは。インドやUAEの人に対しては、外見から宗教まで違うので、「日本人とは違うんだからしょうがないよね」となる。中国人だと見た目で日本人と区別がつかないから、「なんで日本人と同じにできないんだ」となるのかなと思います。

中川:リベラルの側は、日本は人種差別王国だって言うんですよ。ただ、ヘイトスピーチをする人たちの発言を見ていると、特に韓国人と在日コリアンへの差別っていうことに拘泥している気がする。じゃあ「スリランカ人とか、インド人に対する差別がどこまであるか?」って考えてみたんですね。私は毎週日曜日の夕方に散歩をしているんです。代々木公園を歩くのですが、先日もスリランカフェスティバルというのをやっていましたが、みんな楽しそうにしているんです。こうしたフェスとは関係ありませんが、スリランカ人のカレー屋店長が「お客さんが来ないです」って、ツイッターで嘆いたら、皆が行ってあげ、店長が感謝する、みたいないい話になる。ただ、韓国人の店主がそんなことをやったら、ネトウヨが叩くと思うんですよ。「こいつの店は潰れないのに、『潰れる潰れる詐欺』をしてオレ達を騙しやがって」となるでしょう。

橘:人種差別問題というのは、ヨーロッパの反ユダヤ主義を別にすれば、白人と黒人の歴史問題のことで、黒人を奴隷としてアフリカから新大陸に「強制連行」したことが発端です。これが近代の最大の汚点で、コロンブスがアメリカ大陸を「発見」したのは1492年ですから、白人は黒人差別を500年もやっている。それに対して日本人が朝鮮半島を植民地にしていたのは35年間ですから、そもそも問題の根深さがぜんぜんちがう。慰安婦や徴用工を国際問題にできるのは、それが対処可能だからだと私は思っています。奴隷制で同じことを言いはじめたら、収拾のつかない事態になりますから。

 アメリカ社会の「人種問題」は黒人差別のことで、イスラームへの差別ってあんまりないんです。よく言われるのは、ドイツでトルコ系が白人の警官から職質されると、たとえドイツ国籍を持っていても「トルコ人」と扱われるのに、アメリカだと国籍があるかどうかにかかわらず「アメリカ人」と扱われることです。私もアメリカでスピード違反で切符を切られたことがありますが、警官がアジア系アメリカ人だと思って話しかけてくるので、自分が日本人の旅行者だとわざわざ説明しなくてはなりませんでした。だからヨーロッパのムスリムは、みんな「アメリカの方が差別がなくていい」と言いますよね。

 それに対してアメリカの黒人が書いたものを読むと、「ヨーロッパに行くとホッとする」というのがよく出てきます。たとえばアメリカの黒人が軍隊に入ってヨーロッパに駐留すると、ものすごい解放感を感じる。ヨーロッパにも黒人に対する差別はあるでしょうが、アメリカにいるときのように、「お前は黒人だ」と常に言われているような抑圧感がないそうです。そう考えると、差別の根底にあるのは、国民・市民をどのように規定するのかということなのかなと思います。

「アメリカは白人の国」というアイデンティティを持っているなら、アメリカ国民とは「黒人ではない者」ということになる。ヨーロッパだと「キリスト教対イスラーム」というステレオタイプが強いので、“偏狭なムスリム”を排除することで自由で民主的な「市民社会」がつくられる。アイデンティティに関係ないから、アメリカはムスリムに寛容で、ヨーロッパは黒人に寛容なんでしょう。これを日本社会に当てはめると、日本人のアイデンティティを守ろうとすると、どうしても「日本人ではない者」が必要になる。それが「在日」で、だからスリランカ人はどうでもいいんでしょう。

 いちばんの問題は、脆弱なアイデンティティしか持たないひとが、排除する相手を見つけようとすることです。このひとたちは善悪二元論の世界しか理解できないので、「俺たち」ではない者=敵を認定しないと自分が何者なのかわからない。アメリカでトランプ大統領が誕生したのは、白人が少数派になりつつあることで「白人の国」という神話が揺らいだからでしょうが、同じように日本では、中国や韓国の経済発展で「有色人種のなかで特別」というアイデンティティが大きく揺らいだ。こうして「日本人=在日じゃない人たち」というトンデモ説が広く流布するようになったのではないでしょうか。(続く)

◆橘玲(たちばな・あきら):作家。1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『(日本人)』『80’s』など著書多数。

◆中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):ネットニュース編集者。1973年生まれ。『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』『縁の切り方 絆と孤独を考える』など著書多数。

関連記事