2019年09月03日 12:23 公開

ボリス・ジョンソン英首相は2日、合意なしブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)の阻止を狙う法案が議会に提出され、可決された場合、政府は総選挙を要求する可能性があると示唆した。

野党の法案では、政府に合意なしブレグジットを禁じる。また、欧州連合(EU)との合意がないまま離脱期限の10月31日を迎えた場合、2020年1月31日までの離脱延期をEUに要請するよう、首相に強制する。

法案は最大野党・労働党が計画している。与党・保守党にも合意なしブレグジットに反対する議員がおり、それらの議員が造反し、これに賛成するとみられている。

ジョンソン首相は、自分は総選挙を望んではいないものの、この法案が可決されればEUとの交渉は「不可能だ」と懸念を表明した。

<関連記事>

労働党は総選挙に前向き?

労働党のジェレミー・コービン党首は2日に行った演説で、「もし総選挙がくれば喜ばしいことだ」と語った。

コービン氏は、最優先事項は「イギリスを崖っぷちから救う」ことで、まずは合意なし離脱を阻止するためにあらゆる手段を講じると述べた。

その上で、総選挙については「準備ができている」と述べ、「イギリスの未来を決めるのは選挙で選ばれていない首相ではなく、国民だ」と話した。

総選挙についてはジェニー・チャップマン影のEU離脱相も、「合意なし離脱を止めるのが先だ」と述べながらも、歓迎する意向を示している。

一方でトニー・ブレア元首相は、ブレグジットが「解決」するまで総選挙を待つべきだと主張。離脱前に総選挙を行っても、労働党は不振に終わるだろうと警告している。

「合意あるなし関係ない」

イギリスは3月29日にEUを離脱する予定だったが、英下院がテリーザ・メイ前首相が取りまとめた離脱協定を3度にわたって否決したため、10月31日まで延期となった。

ジョンソン首相は、10月31日には「合意のあるなしに関わらず」離脱を決行する方針。また、議員の十分な支持があれば、離脱協定に変更を加え、10月17日のEUサミットで再交渉できるとしている。

一方で、合意なし離脱の可能性を閉ざしてしまえば、イギリスの交渉時の立場が危うくなると指摘していた。

こうした中、9月と10月は重要な審議の期間と目されていたが、ジョンソン政権は議会を9月第2週から5週間閉会すると発表。これに対しブレグジット反対派や合意なしブレグジットに反対する与党議員は、議会に十分な審議の余地を与えない「非民主主義的」な方策だとして反発を強めている。

離脱延期は「ありえない」

ジョンソン首相は、自分自身からEUに離脱延期を申し出ることは「どんな場合でも」ありえないと話し、離脱交渉担当者は議会の介入を受けるべきではないと述べた。

その上で、「あなたも私も総選挙は望んでいない」と話している。

イギリスでは次の総選挙は2022年に行われる予定。ジョンソン政権が早期総選挙を行うには、2011年議会任期固定法にのっとり、下院(定数650)の3分の2の支持を得る必要がある。

政府高官によると、3日から始まる議会で議員らが合意なし離脱阻止法案の可決に向けて動き出した場合、政府はすぐに総選挙の動議を提出する予定だという。

また、首相は動議の可決に必要な3分の2の支持を得られる自信があると付け加えた。

「国益のため」造反の動きも

野党議員は3日の議会開会と同時に、「緊急に審議が必要な重要かつ特定の案件」についての審議を認めた「議事規則24条」にのっとり、合意なし離脱を阻止する法案を提出する予定。

労働党のヒラリー・ベン議員が発表したところによると、この法案では10月19日までに下院が新たな離脱協定を承認するか、合意なし離脱を賛成多数で可決しない限り、首相は強制的に2020年1月31日まで離脱を延期するようEUに要請することになる。

また、もし欧州議会が別の日付を指定してきた場合、下院が反対しない限りは首相はこれを2日以内に承諾しなくてはならないと定めている。

BBCのリアリティーチェック(ファクトチェック)チームのクリス・モリス記者は、この法案はEU離脱の決定権を政府から議員に移すものだと指摘している。

保守党からは、閣僚経験者などの有力議員がこの法案を支持するもよう。

造反を懸念した政府は2日、造反した議員は同党から除名され、次回選挙でも公認されないとだろうと警告している。

しかしデイヴィッド・ゴーク前法相を含む有力議員からは、自分の立場より「国益のため」にこの法案を支持するつもりだとの声が上がっている。

(英語記事 'Election in October' if MPs block no deal / Corbyn wants an election despite Blair warning