2019年09月07日 8:35 公開

イギリスの欧州連合(EU)離脱の期限が10月31日に迫るなか、英上院は5日、離脱期限の延期をEUに要請することを英首相に義務付ける法案を可決した。法案は週明けにも、女王の裁可を受けて法律として成立する。上院の採決に先駆けてボリス・ジョンソン首相は、ブレグジット(イギリスのEU離脱)を延期するくらいなら「溝でのたれ死んだほうがまし」と発言している。そのためジョンソン氏は週明けに再度、解散・総選挙を提案する構えだが、野党各党はこの日、再びこれを阻止することで一致した。

下院に続き上院でも可決されたブレグジット延期法案は、合意なし離脱の敢行を認めず、もし10月19日までにイギリスとEUが離脱条件について合意できなければ、首相はブレグジットの期限延長をEUに要請しなくてはならないという内容。

下院では4日、この法案が可決されたことを受け、ジョンソン首相が解散・総選挙を提案したが、21人の保守党造反議員がここでも首相に反対票を入れたため、総選挙の前倒しはいったん否決された。イギリスでは2011年の議会任期固定法(FPA)により首相の議会解散権が制限されており、解散には内閣不信任案の可決、または下院議員の3分の2以上の同意が必要と定められている。

ブレグジットを延期するくらいなら「死んだほうがまし」と発言したジョンソン首相は、ブレグジット延期の交渉を議会に強いられることになった事態を受け、あらためて9日にも解散・総選挙を下院に提案する見通し。

政治日程として、10月17~18日にはブリュッセルでEU加盟国首脳が集まる欧州理事会が開かれる。ジョンソン首相は、その日程やブレグジット延期法案が定めた10月19日という期限より早く、10月15日に総選挙を実施したい考え。

<関連記事>

これについて、野党の労働党、自由民主党、ウェールズの地域政党プライドカムリ、スコットランド国民党の4党は会合を開き、9日に再び下院で行われる総選挙前倒しの採決で、反対もしくは棄権することで一致した。野党の間では、ブレグジット期限の10月31日より早い総選挙はジョンソン政権に有利に働き、ジョンソン氏はそのまま合意なしブレグジットを敢行するという見方が強まっている。

野党4党会談の後、労働党の広報担当は、「ジェレミー・コービンは今朝、他の野党幹部を招いて、前向きな電話会談を開いた。国に打撃を与える合意なしブレグジットを阻止し、その上で総選挙が行われるよう、取り組みの推進を話し合った」と説明した。

スコットランド国民党(SNP)の英下院院内代表イアン・ブラックフォード議員は、「ぜひとも選挙になってもらいたい」ものの、それにはまずブレグジット期限の延長が必要だと強調。イギリスが合意のないままEUを強引に離脱する事態を、なんとしても避けたいと話した。

「単に自分たちの党の利益のためではない、全体としての国益のためだ」とブラックフォード氏は述べ、「適切なタイミングを確実に確保するため、他党と協力する用意がある」と説明した。

プライドカムリのリズ・サヴィル・ロバーツ下院院内代表は、「ボリス(ジョンソン首相)を引きずりおろす機会」なので、「このチャンスをつかむべきだ」と話した。

自由民主党の広報担当は、「ボリス・ジョンソンに好き勝手はさせない」と強調。「自由民主党は以前から、離脱延期の合意がEUとの間でない限り、総選挙に賛成しないという立場だ。他党もここへきてそれに賛同するようになった」と述べた。

「議員団として月曜には、反対するか棄権する」

一方でジョンソン首相は、野党が解散・総選挙に反対するのは「とんでもない政治的ミスだ」と批判。このタイミングで総選挙を行えば、政府は10月末までに速やかにブレグジットを実現できるようになると話している。

首相はかねてEUとの合意のあるなしに関わらず、「何としてでも」10月31日にイギリスはEUを離脱するのだと宣言している。

しかし6日には、10月17日の欧州理事会に出席し、離脱協定をまとめると表明した。もしこれが実現できなければ首相を辞任するという「仮説を検討するつもりはない」とも述べた。

また、総選挙から「逃げる」という野党の決定には「当惑」しているとも言い、「コービンやSNPが一緒になってこの国をEUの中に閉じ込めようとしている、そういう風にしか見えない。今はもう(ブレグジットを)実現すべき時なのに」と批判した。

閣僚の中からも、国民は政治家がブレグジットでもめるのに辟易(へきえき)としているのだから、今こそ総選挙の時期だという発言が相次いだ。


<解説>首相には何か巧みな策略があるのか?――ジョン・ピーナーBBC政治副編集長

ボリス・ジョンソン首相にとって、決して良いとは言いがたい1週間だった。

下院で敗北に次ぐ敗北を喫し、党内でも特に高名な同僚20人以上を造反を理由に除名し、党内からあまりに横暴なやり方だと猛抗議に遭い、そして今では懐柔の手を差し伸べようとしている。

しかし、次の総選挙には出馬しないという保守党議員の数は増え続けている。ジョンソン氏に対する批判勢力は、その分だけ勢いを増しそうだ。

そして、合意なし離脱を禁止し、首相にブレグジット延期要請を強制するかもしれない法案は上院を通過した。週明けにも法律になる。

首相は、約束を破るわけにはいかない。そして、首相は法律を破るわけにはいかない。官僚はこの点、はっきりしている。ジョンソン氏は、なんとしても総選挙を実施するか、あるいはブレグジット実現計画を復活させなくてはならない。その前にEUとの合意がまとまらなかったとしても。なんとしてもそうする方法がみつかったという兆しは、首相官邸からうかがえない。

週明けの下院でもおそらく、総選挙実施の提案は否決されるだろう。そうなった場合、首相に残された選択肢は、復活を期待して辞任するか、あるいは自分が望まない離脱延期をEUが認めないことに期待するかなどだ。

もし首相に巧みな策略があるなら(そんなものはないという意見が政権内外には多いが)、もっと練り上げる必要がある。しかも、早いうちに。

(英語記事 Brexit: Opposition parties to reject PM election move