2019年09月09日 11:21 公開

非常に強い台風15号「ファクサイ」は、9日午前5時前に千葉市付近に上陸し、首都圏では一部地域が冠水したほか、鉄道や空の便が運休となった。中心付近の最大風速は約40メートル、最大瞬間風速は約60メートルで、関東に上陸した台風では過去最強クラスとなった。

気象庁によると、「ファクサイ」は千葉市付近に上陸した後、暴風域を伴ったまま茨城県の東の海上を北東み、正午には福島県いわき市の東南東70キロの海上を北東へ進んだという。

NHKなど複数の日本メディアによると、9日早朝に東京・世田谷区の路上で50代の女性が倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡した。近くの防犯カメラには女性が強風にあおられ、頭から近くの建物にぶつかる様子が映っていたため、警視庁は台風による死者の可能性が高いとみているという。

気象庁は、記録的な暴風雨による土砂災害や河川の増水の危険があるとして、首都圏の数十万人に対し、早めの避難を呼びかけた。

神奈川県、静岡県、東京都では、合わせて39万人以上に避難勧告が発令された。

交通への影響

この台風の影響で、東海道新幹線の上下線約100本が運休、羽田空港や成田空港を発着する国内線・国際線約130便以上が欠航となった。

JR東日本は8日、首都圏のすべての在来線で、9日始発から午前8時頃まで運転を見合わせると発表していたが、倒木などの影により、9日の運転再開は午前10時頃までずれ込んだ。

東京電力によると9日午前8時現在、千葉県や神奈川県などで約93万軒超に上った。

ラグビーW杯参加チームへの影響

日本では、今月20日にラグビー・ワールドカップ(W杯)が開幕する。海外からは40万人以上が訪れる見込み。

緊急時対応策が設置される中、イングランドのエディ・ジョーンズ監督は、代表チームは日本の気候に「対応する」必要があると話した。

9日朝に来日予定だったオーストラリア代表は、台風の影響で搭乗便に遅れが出たため、同日予定されていた歓迎イベントが中止となった。

北朝鮮では台風13号の被害

今月2日には台風13号「レンレン」が発生し、7日から8日未明にかけて北朝鮮に上陸。5人が死亡した。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、農地460平方キロが冠水したという。

この台風により、すでに食糧難に陥っている同国の状況悪化が懸念されている。

国連の世界食糧計画は今年5月、北朝鮮で最大1000万人が早急な食料支援を必要としていると警告した。

(英語記事 Typhoon Faxai makes landfall in Japan