2019年09月13日 14:19 公開

グーグルマップを使っていたアメリカ人男性が偶然、フロリダ州の池の中に沈んでいる車を発見した。車内からは、約20年前に行方不明になった男性の白骨遺体が見つかった。

遺体で見つかったのは、ウィリアム・モルドさん(当時40)。全米行方不明者・身元不明者システム(NMUPS)によると、モルドさんは1997年11月7日午後11時ごろ、フロリダ州ランタナのナイトクラブを出たあと、行方が分からなくなった。

警察は、行方不明者として捜査を開始したものの、未解決のままだった。

行方不明になってから22年後の今年8月28日、フロリダ州ウェリントン・ムーンベイサークルにある池に車が沈んでいると、警察に通報が入った。

水中から引き揚げた車の中から、白骨遺体が見つかった。1週間後、この遺体がモルドさんのものであると確認された。

モルドさんの家族は、すでに遺体発見の知らせを受けている。

グーグルマップで発見

警察によると、以前この地域に住んでいた男性が、グーグルマップを使って検索をしていたところ、モルドさんの車が沈んでいるのを発見した。

発見者の男性から連絡を受けた現在のムーンベイサークルの住人男性は、ドローン(小型無人機)を使って池に車が沈んでいることを確認。警察に通報した。

当該衛星写真は2007年から掲載か

米国内の未解決事件を扱うオンライン・データベース「チャーリー・プロジェクト」は、「2007年以降のグーグルアースの衛星写真で、車をはっきりと確認できるものの、2019年まで誰1人気づかなかった」と報じた。

ハンドル操作を誤った可能性

パームビーチ郡保安官事務所はBBCに対し、モルドさんはハンドル操作を誤り、池に落下したと推定されると明かした。

モルドさん行方不明に関するこれまでの捜査の過程では、車の操作ミスを示す「証拠がなかった」という。

同保安官事務所のテレーゼ・バルベラ報道官は、「何年も前に何があったのかを特定することはできない。分かっているのは、モルドさんが地球上で行方不明になり、そして発見されたということだけだ」と述べた。

酒に酔った様子なく

NMUPSによると、モルドさんは物静かで、それほど社交的ではない男性だった。「頻繁に飲酒するタイプでもなく、バーで酒を数杯飲んだ」モルドさんは、クラブを出た際、酔っ払った様子もなく1人で車に乗り込んだという。

モルドさんは同日午後9時30分ごろにガールフレンドに電話し、もうすぐ帰宅すると伝えていた。しかしその後、モルドさんから連絡はなく、目撃情報もなかった。

(英語記事 Missing man’s remains found in car on Google Maps