2019年09月19日 11:26 公開

ボリス・ジョンソン英首相は18日、ロンドン市内の大学病院を訪問した。病院の廊下では、病気の子どもを抱える父親に国民保健制度(NHS)への投資について厳しく詰問される場面があった。男性が、病院訪問を「マスコミに出る機会」扱いしていると首相を批判すると、ジョンソン氏がこれに「マスコミはいない」と答えたため、父親が居並ぶ報道陣のカメラを指してさらに反発するやりとりもあった。

生後7日の娘が入院中だというオマル・サレム氏は、ロンドン北東部のウィップス・クロス大学病院を訪れたジョンソン首相に、娘は「ひどく具合が悪い」と話し、病院の状況は「受け入れられるものではない」と非難した。

「この病棟は人手不足だ。医師もいない、看護師もいない、きちんと運営されていない」

「NHSは崩壊してしまったのに、(中略)あなたは、マスコミに出る機会を作りにここに来ている」

これに対し、ジョンソン首相は「マスコミは来ていない」と答えたが、サレム氏はこのやりとりを撮影しているカメラを指差し、「マスコミが来ていないとはどういうことだ? あの人たちは誰なんだ?」と応酬した。

ジョンソン氏はさらに、病院には「状況を確認しに」やってきたと説明。

しかし、サレム氏は「少し遅いのではないか。何年も何年も何年もかけてNHSは破壊されたのに」と食い下がった。

<関連記事>

「職務の一部」

ジョンソン氏はその後、ツイッターでこの件について説明。「首相に就任してから57日がたった。実際に国民と会って、大きな問題について話すのを聞くのは私の職務の一部だ」と述べた。

「会う人たちが私に賛同するかは関係ない。この男性が自分の問題を話してくれたことに感謝する。これは職務の一部であって、恥ずかしいことではない」

https://twitter.com/BorisJohnson/status/1174415346561945601?s=20


これに対し、労働党の活動家でもあるサレム氏はツイッターで反論した。

「ボリス・ジョンソンは厚かましいことに、マスコミに出る機会を作ろうと(ウィップス・クロス病院の)小児病棟にやってきた。私の生後7日の娘はきのう、ひどく具合が悪くなってここに緊急入院した」

「救急チームは素晴らしかったが、娘はこの病棟で医師に診察してもらうまで数時間待たされた」

「昨晩の娘のようにNHSがないがしろにされている間、ボリス・ジョンソンは下院議員をやり、(ロンドン市長)と閣僚をやり、そして首相になった」

「マスコミに出る機会のためにお金を落とすより、きちんとNHSを支援し、患者が受けるべき治療を受けられるようにするべきだ。良い労働環境で働く十分な職員を確保し、私のような子どもを心配する父親が、少しでも安心できるように」

ウィップス・クロス病院のアラン・ガーニー最高経営責任者(CEO)はこの件について、「我々は患者の安全を常に確保するため、定期的に病棟の職員数を点検している。しかし時々、ちょうどこの病棟で昨晩あったように、病院の一部で緊急事態が起きると、一時的に別の場所にも負担がかかることがある」と説明している。

7月に首相に就任して以降、ジョンソン氏が公の場で市民から詰問されたり、強い調子で議論を持ちかけられるのはこれが初めてではない。

2週間前にヨークシャー州を訪問した際には、住民から国内を回るよりもブリュッセルでEUと交渉すべきだと訴えられた。

(英語記事 PM 'glad' about father's hospital confrontation