自分で立てた計画が成功するかしないかは、次のモチベーションに必ず関わってくる。人間心理の大原則からいえば、ストイックな人間など実はおらず、全ての行動のモチベーションはその前の成功体験に依存する。

 その意味でいえば、渋野は常に成功体験の中に身を置くことができ、モチベーションが維持できる。さらにプレースタイルとの歯車ががっちりハマって、スコア的にもよい結果が出ようものなら、相乗効果はさらに発揮される。

 全英女子で見せたような、彼女のバックナイン(残り9ホール)での強さの秘密は、ここにあるように思われる。通常、競技の後半ともなれば、身体の疲労も表れ、一方でゴールが近づいてくることから、さまざまなプレッシャーやストレスに晒(さら)され、精神が乱されやすい環境に置かれる。

 しかし、自分の中の戦略上、「成功」していれば、余計な重圧や邪念、身体の変化に振り回されにくい精神状態を作ることができる。

 「◯ホールではバーディーを取る」、「◯ホールではフェアウエーをキープする」などといった目標を立てると、達成できているうちは良いが、具体的であるがゆえに、「失敗」という結果を負うリスクもある。一般によく立てられやすい「数値目標」は、実はもろ刃の剣なのである。

 渋野は違う。「バーディーをたくさん取りたい」。「たくさん」というのは、いくつか数が決まっているわけではない。つまり、その日のコンディションやコースの難しさによっては、1、2個でも「たくさん」になるのだ。

 さらに、「切り替えのうまさ」も渋野の特徴である。ボギー以下のスコアでホールアウトした直後のホールで、バーディー以上の良い成績を出す確率を表す「バウンスバック率」がその象徴ともいえるが、彼女からは「悪いスコアを出してしまった怒りを転化してパワーに変えている」旨の発言があった。

日本女子プロ選手権第1日、ホールアウトし同組の上田桃子と抱き合う渋野日向子。2アンダーでオーバーパーなしの連続ラウンドをツアー新記録の29に伸ばした=2019年9月12日、チェリーヒルズGC
日本女子プロ選手権第1日、ホールアウトし
同組の上田桃子と抱き合う渋野日向子。
2アンダーでオーバーパーなしの連続ラウンドを
ツアー新記録の29に伸ばした
=2019年9月12日、チェリーヒルズGC
 確かにそれもあるだろうが、アドレスの際は、それ以前にお菓子を食べていようが、談笑をしていようが、常に一定のリズムと表情、ルーティーンで入れているように見える。「ボールを打つ」となったら、「自分が何に心を向け、何をすべきか」ということが本人の中で明確になっているのだろう。

 もちろん、そこには上述した「俯瞰してみる力」や「適切な目標設定を立て、自分を成功体験の連鎖に置く」ことも背景として作用していると考えられる。

 29ラウンド連続オーバーパーなしの国内ツアー新記録を打ち立てた安定感は、まさに彼女の精神力のしなやかさに裏打ちされている。さらなる新しい記録を打ち立てることのできる「ゴルフ新人類」ともいえる彼女のメンタリティの進化に、今後も期待し続けたい。