2019年09月24日 13:33 公開

スウェーデン人の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(16)は23日、米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで演説し、気候変動問題について行動を起こしていないとして、各国首脳を非難した。

トゥーンベリさんは、約60カ国の首脳や閣僚を前に、「あなた方は、私の夢や私の子供時代を、空っぽな言葉で奪った」と激しい口調で語った。

具体的な対応策示さない国は演説禁止に

気候行動サミットは、国連のアントニオ・グテーレス事務総長の呼びかけで、言葉ではなく行動について議論するために開かれたもの。

開催に先立ち、グテーレス事務総長は、温室効果ガスを削減するための具体的な対応策を持ってきた国の代表者のみに演説を許可するとしていた。

グテーレス事務総長は2050年までに二酸化炭素排出量を正味ゼロにすることを目指すことに加え、各国に化石燃料への補助金を削減し、新規の石炭火力発電所の建設中止を求めている。この石炭火力発電をめぐり、日本の安倍晋三首相とオーストラリアのスコット・モリソン首相は、参加が認められなかった。

気候変動に懐疑的な立場のアメリカのドナルド・トランプ大統領は、登壇の機会が設けられていなかったためサミットに出席しないとみられていたが、議場に一時姿を見せた。

ブラジル、サウジアラビアもサミットに出席しなかった。

「空っぽな言葉で夢を奪った」

トゥーンベリさんは熱のこもった演説の中で、「なにもかも間違っている。私がこの壇上にいるべきではないし、私は海の反対側で学校にいるべきだ。それなのに、あなた方は私たち若者に頼って希望を求めにくる。よくもそんなことを」と述べた。

「あなた方は、私の夢や私の子供時代を、空っぽな言葉で奪った」

さらに、「私たちはあなた方を見ている」と述べ、早急に対策を講じるよう各国首脳に求めた。

「時間がなくなりつつあるが間に合う」

グテーレス事務総長は、世界は「気候変動の深みに」はまっているとして、緊急の対策が必要だと述べた。

「時間がなくなりつつある。しかし、まだ手遅れではない」

各国の対策

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、地球温暖化に対処するための財政支援額について、現行の2倍の40億ユーロ(約4700億円)に設定する方針だと述べた。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、世界銀行や米州開発銀行(IDB)、米環境NGOのコンサベーション・インターナショナルが、熱帯林保護のための追加援助として5億ドル(約540億円)を投じると明かした。

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、「我が国の温室効果ガスの総排出量のピークは2006年だった。すでに電力の8割以上は、再生可能な水力と風力発電でまかなわれている。我々は、野心的な計画をすでに開始した」と述べ、同国の対策は「方向転換を始めている」と強調した。

「我々は、近隣の太平洋諸国に壊滅的な気象が発生しないよう、平均気温上昇を1.5度未満に留めることを目的とした気候変動対応修正法(ゼロ・カーボン法)を議会に提出済みだ」

<関連記事>

科学者からの警告

20日にはニューヨークで、トゥーンベリさんなど若い活動家を中心に、数百万人が気候変動対策を求めて行進した。

世界気象機関(WMO)は22日、温室効果ガスの影響で、世界の平均気温が過去5年間で観測史上最も暑くなるなど、地球温暖化の兆候やその影響が加速していると発表。2015年から2019年までの間に大気中に排出された二酸化炭素は、2015年までの5年間と比べ、2割上昇しているという。

インペリアル・コレッジ・ロンドン(ICL)グランサム研究所の所長で、レディング大学気象学部の教授、ブライアン・ホスキンス氏は、「我々は、子供たちからの大きな求めに耳を傾けるべきだ。これは緊急事態だ。温室効果ガス排出量をゼロにすることを目指して急速に削減しつつ、不可避な気候の変化に適応するため、取り組まなければ」と述べた。


<解説>科学者が政治家に懇願する――ロジャー・ハラビン、BBC環境アナリスト

温暖化の危険性がますます明白になるにつれ、この問題に一丸となって取り組もうというまとまった意志の欠落も、目に見えてはっきりしてきた。

世界各国の首脳は2015年、温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を食い止めることを目的としたパリ協定を採択した

ところが、トランプ大統領はあらゆる方法で化石燃料の使用を推奨している。

そして中国は、(太陽光や風力発電の導入を拡大しているにも関わらず)新規の石炭火力発電所の建設を進めている。

気候政策決定における世界的リーダーであるイギリスでさえ、温室効果ガス削減を目指す自国の中期目標から逸脱し始めている。

英政府は、いまもヒースロー国際空港の拡張や道路網の拡大を目指している。そうなれば、温室効果ガスの排出量は増加することとなる。

政治家は、経済ビジネスはいつもどおりという姿勢のままで、気候変動に対処できると考えているようだ。

しかし科学者は政治家に対し、我々人類は、前例のない対応を必要とする未曾有の脅威に直面していると訴えているのだ。

(英語記事 Thunberg to leaders: 'You've failed us on climate'