さらには、同じく33基の山鉾の一つ、芦刈山(あしかりやま)のご神体の翁(おきな)の衣装「重要文化財 小袖・綾地締切蝶牡丹文様片身替(あやじしめきりちょうぼたんもんようかたみがわり)」(現在は後世のものを用い、この小袖は保存されている)についても、芦刈山町が信長から拝領したものと言い伝えられている。

 それほどに、祇園祭・八坂神社と信長との関わりは強く深いのだ。

 では、その信長が刀を脱して何を祈ったのか。彼の胸中を推し量ってみると、水害からの復興と雨止めは当然大きなウエートを占めていただろう。この日も、京ではけっこうな量の夕立が降ったという。

 そして、それ以上に圧倒的で、必死の思いで祈ったのは、おそらく疫病除けだった。祇園祭の起源をたどると、疫病の犠牲者を弔う御霊会(ごりょうえ)が始まりであり、疫病が流行したときにその収拾を祈る儀式だった。

 水害の後には疫病が大流行するのがお決まり。水害で大打撃をこうむっただけでなく、疫病まで発生したとなれば、信長の顔は完全に潰れる。

 それはなぜか。彼がかつて元亀2(1571)年に比叡山を焼き討ちし、延暦寺(えんりゃくじ)だけでなく日吉大社をも灰燼(かいじん)にしてしまったからだ。王城の地・京を守護する日吉大社が存在しない状況で疫病発生となれば、人々の恨みと怒りは信長に向けられることになる。

 いまだ大敵・本願寺が大坂に盤踞(ばんきょ)し、将軍・足利義昭が中国の毛利氏に保護されている状況のなか、京の民衆の支持を失うことはなんとしても避けなければならなかった。

今年の祇園祭の長刀鉾。雨天待機中のため一部白布でカバーされている(筆者撮影)
今年の祇園祭の長刀鉾。
雨天待機中のため、一部白布で
カバーされている(筆者撮影)
 対毛利水軍用の鉄甲巨艦を建造しそれを紀伊半島沖から北上させ、羽柴秀吉には毛利軍に包囲されている上月(こうづき)城の救援をあきらめて三木城に全力を注ぐよう指示を与えるなど、信長の日常はあわただしい。そんななか、21日未明に京を発った信長は安土に戻る。

 このあとしばらくは、播磨方面での戦況をにらみながら、安土での水害復興を陣頭指揮していたのであろう。そして、前回紹介したように、8月15日の安土城大相撲大会を迎える。さらに9月9日にもまた相撲大会が行われた。

 この相撲の意味は何だったのか。「目前で身分の高いものも低いものも裸体で相撲をとらせることをはなはだ好んだ」(フロイス『日本史』)と評されたほどの相撲ファンだから、災害で疲れた自分と人々の心を鼓舞しようとしたということもあるだろう。

 しかし、ここでこんな逸話を紹介しておこう。この時期から28年後の慶長11(1606)年のことだろうか、江戸城の天下普請(幕府の命による土木工事)に他の大名たちともども、加藤清正も駆り出されたときの話だ。