2020年にセンター試験が廃止され、翌年からは「大学入学共通テスト」がスタートする。これまでは知識のインプットや問題のパターンを覚えるような学習が求められたが、今後学力観は大きく変わるといわれている。より社会と接続した、論理的思考力や表現力、判断力などが問われるようになるのだ。

 こうした日本における教育の変化を受けて、「自分に合う学校」を模索した末、海外に飛び出す若者も増えている。教育評論家のおおたとしまささんが言う。

「実は今、東欧の大学の医学部で学んで医師免許を取得しようとする日本人学生が増えているのです。なかでもハンガリーの人気が高く、日本事務局が開く説明会には年間500~600人の日本人が参加します。そのうち約200人が実際に出願して、100人ほどが入学するそうです」

 医学教育に詳しい医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が解説する。

「東欧の医学部は6年間の学費が650万~1200万円ほど。そのうえ物価や生活費も安い。にもかかわらず文化レベルは高く、医学生として学べる内容は日本の医学部と遜色ないのに、入学試験のハードルはそれほど高くありません。その分、入学した後はハードな勉強が求められます。

 進級し、卒業するには相当の努力を要するため、医師としての基礎能力は日本の医学部よりも鍛えられるかもしれない。そのうえ、医師資格試験に合格すれば、EU内のどこでも医師として勤務できます」

 卒業後に日本で働きたい場合は、日本の医師国家試験に合格する必要がある。

日本における「進学」にまつわる推移データ
日本における「進学」にまつわる推移データ
「実際にハンガリーに留学している日本人学生によれば、2013年以降にハンガリーの医学部を卒業して日本の医師国家試験を受験したのは56人で、うち41人が合格したそうです。

 合格率は73%ですが、日本の医学部の合格率は88.7%。東欧勢の大健闘といえるでしょう。海外では、いわゆる“受験エリート”や裕福な家庭出身でなくても、語学のハンデさえ乗り越えて一生懸命頑張れば、医師になれる可能性が高い。お金はなくても、バイタリティーのある学生にはもってこいの環境なんです」(上さん)

日本で激化する「イス取りゲーム」