いまだ国内に山積みとなっている人権問題。これにつきまとう「ヘイトスピーチ」問題。さらに急速なサイバー社会の進展に伴う、新たな人権問題の拡大を想定し、アンカーパーソン、小西寛子がセカンドオピニオン的「人権問題解消の手がかり」を探る。