倉山満(憲政史家、皇室史学者)

 これだから日本人は…。吐き捨てるように使われる枕詞(まくらことば)だ。

 曰(いわ)く、島国なので田舎者根性が強くて卑屈だ。曰く、争いごとを好まない性格なので、世界と戦えない。曰く、傑出したリーダーが出てこない。いても潰される。

 では、その日本人の性質について、神武創業以来2600年間一貫してそうであったと証明した上で発言しているのであろうか。

 島国根性だと言うなら、卑屈さのカケラもないイギリスはどうなのか。世界と戦えないなら、北条時宗はなぜモンゴルに勝ったのか。傑出した指導者など、天武天皇、藤原不比等、源頼朝、北条泰時、足利義教、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康…わが国史では無限に数えられる。

 何より、明治維新をやり遂げ、日露戦争に勝利したわれわれの先人たちは、「世界史の奇跡」とさえ呼ばれる。

 いわゆる日本人にかかる枕詞は、明治までの日本人には、ほとんど無縁だ。確かに圧倒的多数の国民は“ノンキ”だったかもしれないが、“ノンキ”でいられたのは、危機に際しては“やるときはやる”のが日本人だったからだ。「これだから」の日本人になるのは、日露戦争以後の話なのである。

 では、いつから日本人は頭が悪くなったのか。私は二つの答えを用意している。ただ、答えの前に、わが国近代史における教育を振り返りたいと思う。

 日本が“ノンキ”でいられなくなった時点は、特定できる。1756~63年の七年戦争のときだ。七年戦争とは、ヨーロッパの五大国が世界の大国になった戦争である。発端はオーストリアとプロイセンの領土紛争であり、フランスとロシアがオーストリアと結び、イギリスはプロイセンを支援した。五大国の抗争は世界中に飛び火し、1762年9月にイギリスはマニラを占領した。当時のフィリピンはスペインの植民地であり、イギリスはフランスに味方したスペインとも抗争した結果、アジアにも大戦は飛び火したのだった。
※ゲッティイメージズ
※ゲッティイメージズ
 さて、これが日本にとって意味するところは何か。いわゆる「鎖国」が不可能になったということである。17世紀、日本はポルトガルとスペインを締め出し、オランダを長崎の出島に閉じ込めた。彼らヨーロッパの大国は、日本の前になすすべがなかった。日本の軍事力が彼らのそれに上回っていたからだ。

 当時のスペイン・ポルトガルとオランダは、三十年戦争で抗争していた。いわば江戸幕府は、三十年戦争にオランダ寄りの中立を示したこととなる。中立を可能にするのは武力である。「鎖国」とは、江戸幕府による武装中立なのである。