高橋学(立命館大学環太平洋文明研究センター教授)

 9月9日に千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号に続き、今月12、13日にも台風19号が東海地方や関東地方を直撃する見通しとなっている(11日午後5時現在)。

 スウェーデン人の少女で、環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(16)が国連の演説で二酸化炭素(CO2)の人為的増加への懸念を訴えたことから、巨大台風が繰り返し日本列島を襲う現状を気候温暖化と関連させて考えている人が少なからずいるようだ。そこで、環境史、土地開発史、災害史に基づくリスクについて研究をしている立場から、これについて検討してみたい。

 先の台風15号は、神奈川県の三浦半島に接近した後、東京湾を抜けて千葉市に上陸したときの中心気圧が960ヘクトパスカルで、最大風速も45メートルを観測し、たしかに強い台風であった。

 これを60年前の1959年に紀伊半島から東海地方を襲った伊勢湾台風と比較してみると、伊勢湾台風は9月23~26日に895~910ヘクトパスカルで、最大風速は60~75メートルを記録。26日午後6時に潮岬西方に上陸したときの気圧は929ヘクトパスカルになり、勢力のピークを少し過ぎていた。

 また、1934年9月の室戸台風は、上陸直前の中心気圧が911ヘクトパスカル、1945年9月の枕崎台風が916ヘクトパスカル、1961年9月の第2室戸台風が925ヘクトパスカルであり、今年の15号や19号が飛びぬけて強いというわけではない。

 ただ、15号と19号は、関東地方(特に首都圏)を直接襲う台風であることや、上陸直前まで勢力が増すという点が特徴だ。これまでの台風の多くは、関東地方に達したとしても、中部地方以西に上陸し勢力が衰えていた。要するに、強い勢力を維持したまま首都圏を直撃する台風は、ほとんど経験がない。しかも、台風にエネルギーを供給する太平洋の海水温が27度を超えており、上陸直前まで、勢力が衰えるどころか、勢力が強くなり続けるという点も未経験だ。

 ところで、熱帯低気圧のうち10分間の最大風速が17・2メートルに達したものを台風と呼ぶ。そして台風の近くでは気圧が低下している。1気圧は1013ヘクトパスカルだが、10ヘクトパスカル気圧が低下するごとに海水面はおよそ10センチ上昇する。すなわち、913ヘクトパスカルであれば約1メートル海面が上昇するのだ。これを「吸い上げ効果」と呼ぶ。
日本列島に近づく台風19号=2019年10月11日午前(気象庁提供)
日本列島に近づく台風19号=2019年10月11日午前(気象庁提供)
 また、風によって海水が移動し高くなる「吹き寄せ効果」も生じる。湾口が広く、風が湾奥に吹き込み、湾奥の幅や水深が浅くなるほど吹き寄せ効果が大きくなる。伊勢湾や東京湾は吹き寄せ効果が起きやすい。さらに月の引力の関係で、一日2回の潮の干満が生じる。今回の台風19号が東京湾に進入すると考えられる時間は10月12日夕刻であり、東京港の満潮(午後4時31分)のピークにあたる。しかも、14日が満月であり、12日でも海面は193センチの上昇が考えられている。これらの総計が高潮であり5メートルを越える可能性がある。

 では、近年日本各地で甚大な被害をもたらす台風発生の背景を見てみよう。今年7月ごろ、南米赤道付近の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が終了し、赤道付近を東から西へ吹く風により太平洋の西にあたるフィリピン沖の海水温が高くなった。これによって、フィリピン沖で熱帯低気圧が発生しやすくなり、温度の高い海水温のために熱帯低気圧はエネルギーを供給され続け、勢力を増し強く大型の台風に発達しやすい状態になっている。