2019年10月13日 12:06 公開

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日、東平尾公園博多の森球技場(福岡市)で1次リーグA組の試合があり、アイルランド(世界4位)が7トライを奪って47-5でサモア(同14位)に快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。

A組は日本、アイルランド、スコットランドが、1次リーグ突破の上位2チーム争いを繰り広げている。

アイルランドは4トライ以上に与えられるボーナス点も獲得して総勝ち点を16にのばし、A組の暫定1位。残り1枠をかけて、日本(勝ち点14)とスコットランド(同10)が13日午後7時45分から、横浜国際総合競技場で対戦する。

早々に主導権握る

アイルランドは前半29分にCTBバンディー・アキがハイタックルで退場となり、試合の半分以上の時間を14人で戦うことになった。

しかし、その時点で既にHOローリー・ベスト、PRタイグ・ファーロング、SOジョナサン・セクストンがトライを奪って主導権を握っており、ハーフタイム直前にはセクストンが2本目のトライを挙げてボーナス点を獲得。

後半はFBジョーダン・ラーマー、NO8のCJ・スタンダー、交代出場のアンドリュー・コンウェイがトライを重ねて快勝した。

あくまでトライ狙う

アイルランドは、横浜で13日に開催予定の日本-スコットランド戦の行方に左右されないために、この試合でボーナス点を含む勝ち点5が必要だった。

このため、ペナルティーキックを得るとゴールの3点ではなくタッチに蹴ってトライを狙った。これが試合開始から9分の間に2度実を結んだ。

前半3分にモールを押し込んでキャプテンのベストがトライを決めると、5分後に破壊力抜群のファーロングがサモアの4選手のディフェンスを突き抜けてトライラインを越えた。ともにサモアの規律の乱れで得たペナルティーキックをいかした形だった。

前半20分にはラーマーが相手防御のギャップを突き、内側にサポートしたセクトンに片手で巧みにオフロードパスを放つ。セクストンがたやすくサモアゴールを陥れ、試合の4分の1しか過ぎていないところで、アイルランドは早くもボーナス点獲得を視野に入れた。

しかし、その直後、5分足らずの間に起きた2つのできごとが、試合の流れをすっかり変えてしまうかに思われた。

レッドカードの影響なし

サモアは前半25分、キャプテンのNO8ジャック・ラムがトライを奪う。相手陣深くのラインアウトからモールを押し込み、フォワードが密集近くを連続して攻め、最後はラムがアイルランドのタックルを受けながら持ち前のパワーを発揮してインゴールに飛び込んだ。


さらに3分後、アキがサモアのSOウルパノ・セウテニの頭部に直接タックルに入る危険なプレーで退場した。

サモアは数的に有利になった。しかし、これを得点に結びつけられず、勢いを続かせることができなかった。

前半38分、セクストンがスクラムの狭いサイドを突いて2トライ目。これがチーム4トライ目となり、アイルランドは前半で早々に目標を達成してハーフタイムを迎えた。

ラーマーが見事な動き

アイルランドが快勝した試合だったが、いくつかのパスミスやハンドリングエラーがあり、これが前半の危ない場面を生んだ。オールブラックス(ニュージーランド)かスプリングボクス(南アフリカ)と対戦する準々決勝に向けて、十分確認して修正しなればならないポイントだ。

さらに、アイルランドにとって2015年W杯準々決勝以来となるビッグゲームに向けて、選手選考も注目されることになった。


多くのポジションで1番手の立場を確保している選手がいる一方、レンスターに所属するFBジョーダン・ラーマーのパフォーマンスは、ジョウ・シュミット監督に次の試合でもこの22歳の選手の起用を検討させるに十分な内容だった。

最近のアイルランド代表チームに対しては、攻撃が単調だという批判がおきている。

サモア戦でのラーマーは、ボールを持つと常に予測がつかない動きを続けて相手の脅威となり、相手防御を抜こうと挑戦した。

彼の攻撃的な姿勢がセクストンの最初のトライにつながり、後半9分にはSHコナー・マリーの完璧なフラットパスから彼自身がトライを奪った。

シュミット監督は過去10年間、アイルランドの重要な試合の大半でロブ・カーニーをFBに起用してきた。しかし、スコットランド戦に続いてサモア戦でも見せたラーマーの素晴らしいパフォーマンスは、監督にとって十分な検討材料となっている。

ピッチ持ちこたえ負傷者なし

金曜日の前日練習では、アイルランドの選手が下にラグビーボールが十分入るくらい芝を持ち上げることができるなど、博多の森球技場のピッチのコンディションに関する問題が浮上していた。

しかし幸いなことに、このコンディションでは不可避と思われた負傷は発生せず、ピッチも基本的には80分間持ちこたえた。


アイルランドは後半、完全にペースを握って試合を進めることができたため、セクストンとマリーを半ばで交替させた。ハーフ団の2人は試合を完璧にコントロールし、アイルランドにとって不可欠な存在であることを印象づけた。

一方で、シュミット監督は2番手のSOジョウイ・カーベリーにも貴重な試合出場の機会を与えることができた。マンスター所属のカーベリーは、これまでの3試合で計20分しか出場していなかった。

この日の試合では、サモアのゴール前でプレッシャーをかけ続けた後、後半24分にスタンダーがトライ。さらに、カーベリーが判断よく蹴り出したゴロのキックをコンウェイが押さえてトライとし、アイルランドの満足いく勝利を締めくくった。

アイルランドの準々決勝の対戦相手は、13日の日本-スコットランド戦の結果によって決まる。日本が勝つか引き分ければアイルランドはA組2位となり、過去2大会を連覇し、通算3度優勝のニュージーランドと対戦。

逆にスコットランドが勝ち、日本が4トライ以上の獲得や7点差以内の敗戦のボーナス点を加えて総勝ち点で上回れなければ、アイルランドはA組1位で南アフリカと準々決勝を戦う。

<関連記事>

この試合で生まれた記録

  • バンディー・アキはW杯で退場となった最初のアイルランド代表選手になった。アイルランドのテストマッチ史上では、ウィリー・ダガン、ジェイミー・ヒースリップ、CJ・スタンダーに続いて4人目。
  • サモアは1999年大会でウェールズに勝ったのを最後に、W杯でティア1のチームに11連敗。
  • アキのレッドカードは今大会7枚目。過去の1大会最多レッドカードは、1995年大会と1999年大会の4枚。
  • W杯で選手14人のチーム(シンビンを除く)が15人のチームに勝ったのは4試合目。点差がこの試合(42点)より大きいのは、1999年大会でカナダがナミビアを72-11で下した1試合のみ。
  • アイルランドがW杯の試合で前半だけで4トライ以上を獲得したのは、今回が4試合目。これまでは2003年大会のナミビア戦(5トライ)、2011年大会のロシア戦(同)、2015年大会のカナダ戦(4トライ)。

この試合の最優秀選手: ジョーダン・ラーマー(アイルランド)

この試合の最優秀選手には、前半20分のセクストンのトライのお膳立てをし、後半7分には自らトライを奪う活躍をみせたアイルランドのFBジョーダン・ラーマーが選ばれた。

(英語記事 Ireland beat Samoa to reach last eight