2019年10月15日 18:28 公開

大型で強い台風19号「ハギビス」が日本を通過中、東京都台東区の避難所がホームレスの被災者2人の受け入れを拒否していたことが明らかになった。この件について安倍晋三首相は15日朝、「各避難所は避難した全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい」と述べた。

台風19号は12日から13日にかけて日本列島を縦断した。NHKによると、15日午後6時までに67人の死亡が確認されている。12日夜には、台東区の避難所が住所不定の男性2人に対し、受け入れを拒否したという。

この件は日本国内で大きな議論を呼んでいるが、全員がホームレスの被災者に同情的ではないようだ。

避難所で起きたこと

台風19号が接近中の12日朝、住所不定の男性(64歳)が避難所として開放されていた台東区内の小学校へ向かった。

台東区には山谷という歴史的に労働者の多い地域がある。労働者の多くはホームレスだ。

朝日新聞が取材した同区の職員によると、この男性は避難所に到着した際、住所と名前を書くよう求められた。住所がないと男性が伝えると、「区民対象です」と受け入れを断られたという。

男性は、「『北海道に住所がある』と説明したところ、『都民のための避難所です』と断られた」と話している。

この男性はこの晩、建物の軒下でビニール傘を広げて過ごしたという。

「風が強く雨も降っていた。受け入れてもらいたかった」

またこの日の午後には、別のホームレスの男性も避難所に受け入れを断られた。

同情的ではない意見も

受け入れ拒否のニュースはソーシャルメディアで広がり、避難所の決定に多くの人が怒りの声を上げた。

あるツイッターユーザーは、「これが、東京でオリンピックをする国なのでしょうか?」と疑問を投げかけ、外国人から最低の国だと思われるだろうとツイートした。 

また、山谷で炊き出しなどを行っている山谷労働者福祉会館は、12日夜に急きょ、避難所として施設を開放した。

一方、ホームレスの人たちに同情的ではない意見もあり、「くさくて」「精神疾患のある」ホームレスの人たちには別の避難所を用意するべきだという声もあがった。

他にも、「権利を主張するなら義務は果たして」、「隣ですっごい異臭する人と寝れるのかな」などのツイートもあった。

安倍首相は15日午前の参議院予算委員会でこの件について質問を受け、「避難所は、災害発生後に被災者の生命身体などを保護するために、被災者が一時的に生活を送るために、設置されたものであり、各避難所では避難したすべての被災者を適切に受け入れることが望ましい。関係自治体に事実関係を確認し、適切に対応していく」と述べた。

台東区は、今後、手続きを見直し、住所不定者をどう援助できるかを検討するとしている。

日本にホームレスの人はどれくらいいるのか

今年1月の厚生労働省調査によると、日本全国には現在、住所不定者が4555人いる。うち4253人が男性、171人が女性と判明している。

全体では、前年度から8.5%(422人)少ないという。

都道府県別に見ると、最も多いのが東京都の1126人。これに大阪府(1064人)、神奈川県(899人)が続く。

また、同じ時期に行われた東京都の調査では、都内で最もホームレスの人が多いのは新宿区の117人だった。これは前年度に比べ7人少ない。

今回の件があった台東区は都内で2番目に住所不定者が多いが、前年度より69人少ない61人だった。


<分析>目に見えるリバタリアンな風潮 ――加藤祐子、BBCニュース(東京)

東京都が今年1月の調査で数えたホームレスの人数は1126人で、そのほとんどは公園や道路や河川沿いに生活しているという。

その他の都民と日常的に接触する機会はあまりないかもしれないが、台風19号によって、誰もがその存在を意識することになった。

豪雨と強風に東京がさらされた12日の夜、台東区の避難所がホームレスの人を受け入れなかったという情報が、ツイッターなどで広まった。

とんでもないことだと、いきりたつ人が大勢いた。その一方で、避難所内の衛生面を心配する人たちがいた。ホームレスの人の精神状態が気になる人たちもいた。

ホームレスの人と避難所で一緒に過ごすのは、ただひたすら怖いという人たちもいた。

ツイッターなどソーシャルメディアでは、近年の日本の世論で目を引くようになったリバタリアン主義の風潮、特に自助努力を重視する風潮が今回もあらわになった。ホームレスは税金を払わないから、避難所など行政が用意する公的支援の恩恵を受ける資格がないという意見だ。

これにはツイッターでも大勢が反発した。まっとうな人としての思いやりはもちろんのこと、実際的にも。ホームレスの人も、何かを買えば消費税を払っているのだからと。


(英語記事 Homeless men denied shelter in Japanese typhoon