2019年10月16日 11:05 公開

米テキサス州フォートワースで12日深夜、白人の警察官が、自宅でおいとビデオゲームをしていた黒人女性を誤って射殺する事件が起きた。警察官は14日、殺人容疑で逮捕された。

死亡したのはアタティアナ・ジェファーソンさん(28)。

ジェファーソンさん宅の玄関の扉が深夜に開いたままになっていることを不審に思った隣人男性が、警察に安全確認を要請した。男性は日本の110番にあたる緊急通報用の911ではなく、緊急時以外の番号に電話をかけた。

12日午前2時30分頃、現場に到着した警察官がジェファーソンさんに発砲した。

殺人容疑で逮捕

フォートワース警察はツイッターで、ジェファーソンさんに発砲したアーロン・ディーン容疑者を14日に逮捕し、タラント郡の刑務所に勾留したと発表した。

エド・クラウス本部長は14日、記者団に対し、ディーン容疑者が辞職したと述べた。

姿を確認して数秒で発砲

警察官のボディカメラ映像では、ディーン容疑者がジェファーソンさんの姿を確認した数秒以内に発砲する様子が確認できる。

アメリカでは、警官による黒人への過剰暴力が長年の問題となっている。

当初は警察官を擁護

フォートワース警察は当初声明で、ディーン容疑者は「脅威を感じ」拳銃を構えたと説明していた。

クラウス本部長は、もし容疑者が辞職しなければ、「職務執行に関する複数の既定違反を理由に解任していたはずだ」と述べた。

第三者による捜査を

ジェファーソンさんの姉、アシュリー・カーさんは、妹が「向こう見ずな行為によって殺された」と述べ、連邦捜査を求めていた。

遺族の弁護を担当する、公民権専門のリー・メリット弁護士は、「捜査はフォートワース警察ではない第三者によって行われるべきだ」と述べた。さらに、同警察は「アメリカで最も危険な警察のひとつになろうとしている」と付け加えた。

キャンドル抗議

フォートワースの住民は13日夜、ジェファーソンさんの自宅前で抗議を行った。当初は追悼集会として計画されていたが、ジェファーソンさんのために法の裁きを求める抗議集会へと取って代わった。

参加者はろうそくを手に、「正義なしに平和はない」と声を上げた。

「国家公認の暴力は、黒人にとって常に付きまとってきた文化だ。これは、警察の訓練上の問題ではない」と、抗議に参加したミシェル・アンダーセンさんは述べた。

フォートワースのベッツィ・プライス市長は集会に姿を見せたものの、抗議者から「警察官を逮捕しろ」と詰め寄られ、その場から離れたと、CBSニュースが報じた。

当時の状況

警察はジェファーソンさんの自宅周辺を捜索中、窓越しに人影を確認。両手を挙げるよう求めた後、ガラス越しに発砲したことが、ボディカメラ映像に残されている。

メリット弁護士によると、ジェファーソンさんは当時、8歳のおいと一緒にビデオゲームをしていた。自宅の外の物音に気づき、様子を見に行ったところを撃たれたという。

隣人からの連絡を受けて駆けつけた警察官は、パトカーをジェファーソンさんの自宅前に駐車せず、警察だと身元を明らかにしなかったと、警察は説明した。

電話をしていなければ……

警察に連絡したジェイムズ・スミスさん(62)は、地元メディアに対し、自分は隣人としてジェファーソンさんを心配して、そのためを思って行動したのだと話した。

「もし私が警察に電話しなければ、彼女は今も生きていただろう。こんなことがあると、警察に電話しようとは思わなくなる」

白人警察官が黒人を

テキサス州では2週間前に、黒人男性を誤って射殺した白人の警察官(当時)に禁錮10年が言い渡されたばかり。

元警察官のアンバー・ガイガー受刑者(31)は2018年9月6日、集合住宅の自分の部屋と1階上のボサム・ジーンさん(26)の部屋を間違え、ジーンさんを侵入者と勘違いし、銃で殺害した。ソファに座ってアイスクリームを食べていたジーンさんに発砲したという。

ガイガー受刑者は裁判で、「罪のない人を撃った」と認めていた。

現場は、ジェファーソンさんの自宅から55キロ弱しか離れていない。

2016年7月には、米南部と中部で黒人男性が相次ぎ警察に射殺されたのを受けてテキサス州ダラスで抗議集会が開かれていた最中に、黒人男性が警官5人を射殺する事件もあった。

(英語記事 US police officer charged over bedroom shooting