中学、高校、大学、さらに英会話学校に通っても結局英語をモノにできない日本人が多いなか、天皇を始め皇族方は「1人残らず」流暢に英語を話す。なぜ皇室の方々は英語をマスターできるのか。そこには皇室ならではの「英語学習法」があった。

辞書は使用禁止

 皇室という“菊のカーテン”の向こうで、皇族方は幼い頃から良質な英会話レッスンを受けている。

 その源流は、1946年から4年間、幼少期の上皇(明仁親王)の家庭教師を務めたアメリカ人作家、エリザベス・ヴァイニング夫人の指導方針だ。

「彼女は日本語を話さなかったため、授業は“英語のみ”で行なわれました。英和・和英辞典すら使用禁止で、時にジェスチュアを交えながら“伝わる英語”を学ばせることを徹底した。

 スパルタのように聞こえますが、一方でその指導法は、英語への興味がかき立てられるような様々な工夫が凝らされていた。たとえば魚が好きな明仁親王のために魚類図鑑を英訳して説明したり、同年代の米国人の少年とモノポリーをすることもあったそうです」(別の皇室ジャーナリスト)

 ヴァイニング流の英会話レッスンは、現天皇への教育にも受け継がれ、表面に英単語、裏面に日本語が書かれたカードを使ったカルタ遊びが取り入れられた。

「要人の出迎え」に同行

「英語への関心を高める教育」は、愛子内親王にも幼少期から行なわれている。

 天皇が御所で外国からの要人を出迎える際、非公式の引見の場では愛子内親王も同行し、片言の英語で挨拶していたという。

「海外への訪問があるたび、陛下は愛子さまに『おはよう』『こんにちは』といった簡単な挨拶に加え、その国の歴史や文化を教えていました。『海外への興味』が語学習得の大きなカギになると知っていたからです。その教育が実を結んだのか、愛子さまは幼い頃から国旗の並んだ図鑑を好んで眺め、今では海外の要人とも英語でやりとりされています」(宮内庁関係者)

 わざわざ英会話スクールなどに出向かなくても、御所では「英語での話し相手」が大勢いるという。