2019年10月24日 18:09 公開

ケニアの首都ナイロビ近郊にあるカミティ刑務所で、ラグビーが試験導入された。受刑者の社会復帰に役立てる狙いがあるという。

受刑者は、ラグビーを通して自己肯定感が生まれ、希望が持てると話す。

この試みは非営利団体「Espartanos Africa」によるもので、今回、BBCスポーツアフリカは重犯罪刑務所での独占取材を許された。

ビデオプロデューサー:ミシェル・カタミ、ハルナ・シェフ・マラバ