2019年10月29日 15:42 公開

ドナルド・トランプ米大統領は27日、過激派勢力「イスラム国」(IS)の指導者アブ・バクル・アル・バグダディ容疑者が、シリア北西部で米軍に追い詰められ自殺したと発表した。

バグダディ容疑者は2014年7月、イラクやシリアの一帯に「カリフ制イスラム帝国」を樹立すると宣言し、注目されるようになった。

バグダディ容疑者の死亡は、今月初めにシリア北部の駐留米軍を撤退させると発表し、与党・共和党からも批判されたトランプ氏にとっては、大得点だった。

BBCのフランク・ガードナー安全保障担当編集委員が、バグダディ容疑者を追い詰めた米軍事作戦の詳細と、ISにとって同容疑者の死が何を意味するのかを解説する。

リサーチャー:ベンジャミン・ストリック、ライアン・オファレル、クリスティアン・トリエベール