金子宗徳(国体学者)

 今日11月3日は「文化の日」であるが、なぜ「文化の日」なのか?

 祝日法(国民の祝日に関する法律)には、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と趣旨が記されているが、字面を見た限りでは特定の日と結び付けることは不可能だ。

 実は、この「自由」「平和」「文化」は、祝日法が制定される約2年前の昭和21年11月3日に公布された法規と深い関係を有する。

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。(中略)日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。(後略)

 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。(後略)

 言うまでもなく、前者は日本国憲法の前文、後者は同憲法の第25条である。すなわち、「文化の日」とは日本国憲法の公布を記念し、その理念をたたえる祝日と言ってよい。
  
 御承知の通り、日本国憲法に関わる祝日と言えば、5月3日の「憲法記念日」が別に存在する。この日について、祝日法は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」と趣旨を定めている。要するに、現在のわが国には日本国憲法に関わる祝日が公布日と施行日の二つ存在するのだ。

 どうして、このような事態が生じたのか。さらに言えば、なぜ日本国憲法は昭和22年5月3日に施行されたのか。年度初めに合わせて4月1日から施行としてもよかったのではないか。
  
 そうならなかったのは、日本国憲法第100条には「この憲法は、公布の日から起算して六箇月を経過した日から、これを施行する」とあるからだ。すなわち、施行日が昭和22年5月3日となったのは、公布日を昭和21年11月3日にしたことによる。

 公布日が決定した経緯は不明だ。当初は11月1日に公布する予定であったけれども、そうすると施行日が5月1日となり、メーデーと重なってしまうので、3日に延期したとの解説もなされる。だが、これは11月1日を避けた理由の説明にはなるものの、11月3日を選んだ理由としては弱い。11月3日を選んだ積極的理由が存在するはずだ。

 当時、11月3日は「明治節」という祝日であった。というのも、この日が明治天皇の御生誕日であったからだ。祝日法によって「国民の祝日」が制定される以前、わが国には以下の「祝祭日」が存在した。  

・1月1日…四方祭

・1月3日…元始祭

・1月5日…新年宴会

・2月11日…紀元節

・春分日…春季皇霊祭

・4月3日…神武天皇祭

・4月29日…天長節

・秋分日…秋季皇霊祭

・10月17日…神嘗祭

・11月3日…明治節

・11月23日…新嘗祭

・12月25日…大正天皇祭

 「祝祭日」という名から分かるように、これらは祝賀の日であると同時に祭祀の日である。また、一見して分かる通り、皇室に関係するものが大半だ。
明治天皇
明治天皇
 この中で、「明治節」は他の祝祭日と少し異なる。先にも述べたように11月3日は明治天皇の御生誕日であり、その御在位中は「天長節」であった。明治天皇が崩御されて大正天皇が御即位されると、この日は祝日でなくなったけれども、明治天皇を仰慕(ぎょうぼ)し、明治の御代を追憶する契機となすべく「明治節」の制定を求める国民運動が展開され、それを受ける形で、昭和2年3月3日に勅旨(ちょくし)をもって「明治節」が定められた。すなわち、「明治節」は皇室に関係すると同時に国民の思いが具現化した希有(けう)な祝日なのだ。