2019年11月13日 15:30 公開

重量オーバーの飼い猫を飛行機の貨物室に預けたくなかった男性が、まんまと航空会社を欺いて客室に連れ込み、空の旅を楽しんだ。しかしそれをSNSで誇ったために……。

ミハイル・ガーリンさん(34)は今月上旬、飼い猫ヴィクトルを連れて航空便を乗り継いで、ラトヴィアの首都リガからロシア東部ウラジオストクに移動しようとした。

ヴィクトルは見るからに肥満体型だが、リガから経由地のモスクワへの便では、一緒に客室に乗り込むことができた。

乗り継ごうとしたら

しかし、モスクワの空港で乗り継ごうとしたところ、ロシアの航空会社アエロフロートの職員がヴィクトルに注目。同社の規定では、体重が8キロを超えるペットは貨物室に載せて運ぶことになっているからだ。

体重を量ったところ10キロ。客室には連れ込めないと、職員に言われた。

しかしガーリンさんは、どうにかしてヴィクトルを客室に連れ込みたかった。

そこで考えたのが、チェックインの際に、ヴィクトルより細身の替え玉を使うことだった。

モスクワで猫探し

搭乗を次の日に変更したガーリンさんは、見た目がヴィクトルに似ていて、体重が少ない猫をモスクワで捜索。

翌日、ガーリンさんは「替え猫」と一緒に再びモスクワの空港に現れた。

チェックインのカウンターでは、見事に体重検査をクリア。

ガーリンさんは空港で、替え玉の猫を飼い主に返却すると、ヴィクトルを連れて、モスクワ発ウラジオストク行きSU1702便へと乗り込んだ。

投稿を見て航空会社は

この一部始終を、ガーリンさんは「デブ猫ヴィクトル替え玉作戦」と題してフェイスブックに投稿。ヴィクトルが機内で、スパークリングワイン入りのグラスの横に座る写真も載せた。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2401062333444137&set=pcb.2401063050110732&type=3&theater


ところが、これが間違いだった(と思われる)。

アエロフロートはこの投稿を発見。調査に乗り出し、監視カメラの映像で猫が「替え玉」だったことを確認した。

同社はガーリンさんが同社の規定に違反したとして、「マイレージ会員から除外することを決定した」。

また、「これまでにたまったマイルはすべて無効になる」としている。

ガーリンさんはフェイスブックに、ヴィクトルが子猫だったころの写真をアップ。「体重がまだ航空会社の規定を満たしていたころ」とユーモアのある一文を添え、「罰」を受ける考えを示した。

(英語記事 'Fat cat smuggler' falls foul of Russian airline