2019年11月19日 12:29 公開

日本の片づけコンサルタントの近藤麻理恵氏が17日、アメリカでオンラインショップを開設した。近藤氏はオンラインショップ開設に当たり、「片付けは物を捨てることではない」と説明している。

「それはときめきをくれるものへの感性を高めること。片づけが終われば、そこは人生に意味のあるものや人、経験が舞い込んでくる部屋になる」

ウェブサイトには雑貨やファッション製品など100以上の「ときめき」アイテムが並ぶ。中にはアロマキャンドル(86ドル、9300円)や、花束を持ち歩くトートバッグ(42ドル)などもある。

ソーシャルメディアでは、ストア開設に呆れる声も多少出ている。

あるツイッターユーザーは、「今度は自分の商品を買えるだけ買ってほしがっている。皮肉だ」と書いた。

<関連記事>

「人生がときめく片づけの魔法」をはじめとする近藤氏の片付け本は数百万部を売り上げ、動画配信サービス、ネットフリックスの番組が世界的にも有名になった。

先には、日本の電子商取引大手、楽天との提携を発表していた。

米紙ウォールストリート・ジャーナルの取材で近藤氏は、どんなアイテムを使うのが好きかという読者からの質問から、ショップ開設の着想を得たと話した。その上で、消費を奨励しているわけではないと述べている。

「私にとって一番大事なのは、ときめくをくれるアイテムに囲まれていること。今使っている食器がときめきをもたらしてくれているなら、買い換える必要はない」

(英語記事 De-clutter guru Marie Kondo opens online store