2019年11月20日 15:49 公開

性的人身取引で起訴され勾留されていた米富豪ジェフリー・エプスティーン被告が、今年8月に拘置所内で死亡した問題で、当時の看守2人が19日、監視記録を改ざんした罪で訴追された。同被告の死をめぐる犯罪捜査において、初めての訴追となった。

訴状によると、「虚偽記録の作成と、虚偽記録の作成およびアメリカをだまそうと共謀した」罪で訴追されたのは、トヴァ・ノエル容疑者(31)と、マイケル・トーマス容疑者(41)。

19日に出廷した2人は、無罪を主張した。複数の米メディアによると、それぞれの保釈保証金は10万ドル(約1080万円)という。

監視を怠り、虚偽記録を残す

エプスティーン被告は今年7月、未成年者の性的人身取引と共謀の罪で起訴された。罪状を否認し、保釈を認められなかったためマンハッタン南部のメトロポリタン矯正センター(MCC)に勾留されていた。保釈申請が却下されて間もなく、首に負傷して意識不明になっているのを見つかり、病院に搬送された。その後、自殺防止のため常時監視下に置かれた。

ニューヨーク州南地区連邦地検のジェフリー・バーマン検事は、看守2人は、30分おきにエプスティーン被告の状態を確認することになっていたが、それを怠っていた。そして、実際には確認していたかのように偽って監視記録をつけていたと述べた。

バーマン検事は、2人は「義務づけられている受刑者の監視作業を繰り返し怠り、自分たちの怠慢を隠すために公式書類に虚偽を記録した」と述べた。

勤務時間の「大半」はインターネット閲覧

訴状によると、2人は勤務時間の「大部分」を「デスクに座り、インターネットを閲覧し、共用エリアをうろうろ」して過ごし、受刑者を確認したとの「虚偽の証明」に署名していた。

米連邦捜査局(FBI)ニューヨーク支局のウィリアム・スウィーニー次長は、訴状の中で、「2人の看守は、指令を順守しているとみせかけるために記録を改ざんしていた。こういった行為による治安上の危険は計り知れない」と述べた。

監視カメラ映像では、エプスティーン被告が死亡した日の夜、同被告が勾留されている区域に他の人が出入りする様子は確認されなかったと、訴状は付け加えた。

<関連記事>

米紙ワシントン・ポストは先月、被告が死亡した当日に監房の警備を夜勤残業で担当していた看守の1人は、専門の看守ではなく、人手不足のために看守作業をさせられていた別の職員だったと、職員組合関係者の話として伝えた。

ウィリアム・バー司法長官は先月、FBIが事実関係の捜査を進める間、MCCの所長を異動させるほか、看守2人を休職処分にすると明らかにした。

2人は、連邦検事がその後提示した司法取引を断ったと、AP通信は報じた。

エプスティーン被告とは

ニューヨーク出身のエプスティーン被告は、教職を経て金融業界に入った。

逮捕されるまでは、ドナルド・トランプ米大統領やビル・クリントン元大統領、イギリスのアンドリュー王子など、政財界の富裕層や有力者との幅広い交流で有名だった。

エプスティーン被告は今年7月6日、フランスから自家用ジェットで帰国した際にニュージャージー州の空港で逮捕された。性的搾取目的の人身取引罪と、性的搾取目的の人身取引共謀罪の疑いが持たれていた。

ニューヨーク連邦地検の訴状によると、被告は2002~2005年、ニューヨーク市マンハッタンとフロリダ州に所有する邸宅に未成年を引き入れていた。被害者は最年少で14歳で、数百ドルと引き換えに性行為を強いられていたという。

2008年にも同様の罪で有罪に

エプスティーン被告は過去にも、1999~2007年に何十人もの未成年の少女を性的に暴行した罪に問われたが、司法取引で性的搾取目的の人身取引罪での有罪判決は逃れた。

代わりに2008年、フロリダ州法に基づき、未成年を売春に勧誘・斡旋したという量刑の比較的軽い罪について有罪を認めた。

(英語記事 Epstein guards charged with falsifying records