有田芳生(参院議員)

 安倍晋三首相が2012年12月に2度目の政権についてから7年。第1次政権との通算で桂太郎内閣を超える最長政権の記録に達して権勢の頂点にありながら、いま最も信頼性への不信が広がっている。「桜を見る会」疑惑の噴出である。

 菅原一秀経産相の辞任から6日後に河井克行法相が辞任。いずれも公選法違反疑惑が報じられ、説明責任を果たさず、逃げるように大臣の職を辞した。事実上の更迭である。次はどの大臣の疑惑が出るかとうわさが流れていたが、いわば「天守閣の住人」への疑惑が出てきたのが、首相主催の「桜を見る会」であった。内閣委員会での質疑や報道などを含め、この原稿が公開されるときも事態はまだ流動的だろう。

 ポイントを二つ指摘しておく。第一の問題は「桜を見る会」の前夜に行われた安倍晋三後援会のパーティー代金の謎である。参加費は5千円。会場となったホテルニューオータニでの立食パーティーは1万千円からだ。だが、この金額は150人以下の宴会である。5千円で800人なら400万円だ。金額が合わない。果たして安倍事務所からの補塡(ほてん)はあったのか。

 会場前で支払いが行われており、ホテルの領収書も渡されている。政治家が飲食を伴う会合を行うとき、事前に店から領収書をもらい、参加者に渡すことがあるから、ホテルの領収書があったことは不思議ではない。前夜祭の出席者は約800人。ホテルの規約では30日前に入金することになっている。安倍事務所が立て替えておき、当日に参加者から集金し、まとめてホテルに払ったなら、立て替えたときの支出とパーティー後の入金を政治資金収支報告書に記載しなければならない。

 だが安倍首相の説明は違った。11月20日に行われた参議院本会議での答弁によると、パーティー会場に安倍事務所の担当者が立ち、参加者が代金を支払い、ホテル関係者が領収書を渡し、総額がホテルに支払われたという。安倍事務所への入金はないから政治資金規正法には抵触しないというわけだ。

 参加者の多くがホテル宿泊者なら、料理の割引もあって不思議ではない。首相はそう答えていた。だが宿泊者はANAインターコンチネンタルホテルとホテルオークラ東京だった。首相はのちに手違いがあって別のホテルになったと説明した。なぜ説明が変化したのか。首相は料理や会場費などの明細書がないというが、商取引において、常識的にはありえない。ホテル側と安倍後援会との間に何らかの便宜供与があったのだろうか。

 第二の問題は「桜を見る会」のあり方である。安倍政権になってから参加人数がどんどん増えていき、約1万人の予定が約1万5千人になった原因である。
「桜を見る会」追及チームの初会合で関係省庁の職員(手前)からヒアリングする野党議員=2019年11月12日、国会内(春名中撮影)
「桜を見る会」追及チームの初会合で関係省庁の職員(手前)からヒアリングする野党議員=2019年11月12日、国会内(春名中撮影)
 すでに明らかになったように、自民党改選参議院議員が1人あたり「一般の方(友人、知人、後援会等)を、4組までご招待いただけます」と推薦ではなく招待できたこと、総理枠は1千人、副総理、官房長官、官房副長官枠が1千人、自民党枠が6千人だ。この数字は11月20日の衆議院内閣委員会で菅義偉官房長官から明らかにされた。内閣府は招待者の書類を破棄したと説明してきたのに、なぜこの数字が分かったのだろうか。首相が記者に語ってきたことが、なし崩しに訂正されていく。