2019年12月05日 17:25 公開

香港で今年6月から続く反政府デモでは、10代のデモ参加者が増加している。先月、警察が香港理工大学を包囲した際には、キャンパス内では数百人の子供たちが見つかった。

心理学者は、長引くデモとそれによるトラウマが一部の子供たちに深刻な影響を与えていると警鐘を鳴らす。政府や警察への不信感から、香港の若い世代の中には、ほかの先進国の若者とは全く異なる考えを持つようになる人もいるだろうという。

ビデオ:ニック・ビーク、ジョー・プア、ジョイス・リュウ