史上に突如としてあらわれた人物の場合、意外に父祖の名前が判然としないケースが多い。系図によってこれだけ光秀の父の名前が違うのだから、その背景を改めて検証する必要がある。『明智系図』のうち、『続群書類従』所収の『明智系図』については、上野沼田藩の土岐氏に伝わる「土岐文書」の写しが書き写されている。

 『明智系図』のように系図や家譜類に古文書が記載されていることは珍しくなく、系図の信憑性を高めることになる。『明智系図』と「土岐文書」などを照合すると、光秀の祖父にあたる頼典とその弟の頼明までは存在を確認できるが、光秀の父の光隆は一次史料で確認することができない。

 この点は、不審と言わざるを得ず、『明智系図』がいかに「土岐文書」を写し取っているとはいえ、光秀の父を安易に光隆とすべきではないだろう。光隆以前の系譜は、不明と言わざるを得ないのである。

 これまでの研究では、上記の二次史料を駆使して、光秀が土岐明智氏の流れを汲むと指摘してきた。しかし、光秀の前半生を一次史料で解き明かすことは不可能で、二次史料に書かれた光秀に関する史実は分からないといえよう。

 これまでの研究の中には、信頼できない二次史料を「信頼できる」として強引に使用しているか、大きな論理の飛躍によって、もたらされた結論である。したがって、現時点では、光秀が土岐明智氏の出自であるか否かは、不明であるといわざるを得ない。もちろん、父が誰であるのかも分からないのである。

 このように父の名さえ分からない光秀に関しては、生年や出生地についても、実に謎が多いといえる。

 これまで、光秀が土岐明智氏の流れを汲むことが所与の前提になっていた。土岐明智氏の出身地については、二つの説が有力視されている。一つは岐阜県恵那市明智町であり、もう一つは岐阜県可児市広見・瀬田(明智城址がある)だ。互いに「明智」の名を冠していることから、非常にややこしいことになっている。
坂本城跡に立つ明智光秀の石像
坂本城跡にある明智光秀の石像(大津市)
 岐阜県恵那市明智町には明知城址があり、城内には光秀学問所の跡に建てられた天神神社、あるいは光秀産湯の井戸の跡が残っている。近隣の龍護寺に伝来する光秀の直垂(ひたたれ)など、光秀にまつわる史跡や遺物があることから、現在も「光秀祭り」が催されている。

 ただし、光秀の先祖が岐阜県恵那市明智町の出身とするのには、難があると指摘されている。実際、恵那市明智町は、遠山明智氏の出身地といわれている。したがって、土岐明智氏の出身地として正しいのは、岐阜県可児市広見・瀬田であるとされている。

 ところで、光秀は、いつどこで誕生したのだろうか。光秀の誕生年についても、諸説あって定まらない。『続群書類従』所収の『明智系図』には、享禄元(1528)年3月10日に美濃の多羅城(岐阜県大垣市)で誕生したとある。母は若狭守護の武田義統(よしむね)の妹とあり、名族にふさわしい母の家柄となっており、内容がかなり具体的であるといえよう。

 とはいえ、光秀は土岐明智氏の本拠である岐阜県可児市広見・瀬田で生まれたのではなく、多羅城で生まれたのだから、疑念を感じる。