2019年12月16日 12:35 公開

世界の最貧国の3分の1が、栄養失調だけでなく深刻な肥満の問題を抱えている――。こうした研究報告が16日、英医学誌ランセットに掲載された。

同報告書によると、こうした問題は、カップ麺やスナック菓子、炭酸飲料などの超加工食品が世界中で手に入ることや、運動量の低下が要因という。報告書の筆者は、「現代の食糧システム」の改変を求めている。

最も影響を受けているのは、サハラ砂漠以南のアフリカ地域とアジア地域という。

「栄養不良の二重負荷」

報告書は、地球上の23億人近くの子供と大人が太りすぎで、1億5000万人以上の子供が発育不全だと推定している。

さらに、中低所得国では、「栄養不良の二重負荷」として知られる、栄養失調と肥満の両方の問題に直面している。つまりこうした国々の人口の2割が太りすぎで、4歳以下の子供の3割が適切に成長しておらず、女性の2割が痩せ型に分類されることになる。

報告書によると、1990年代には、123カ国中45カ国で「栄養不良の二重負荷」の影響がみられていたが、2010年代では、126カ国中48カ国で影響が出ている。14の最低所得国では1990年代以降、こうした栄養不良問題が悪化しているという。

食生活の変化と運動不足

報告書の筆者は、この問題に対処するために、各国政府や国連、学者が対策を講じるべきだと指摘。食生活を変えていく必要があるとしている。

人間の飲食習慣や、活動スタイルは変化している。スーパーマーケットの店舗数は増加し、栄養価の低い食物が容易に手に入るようになった。一方で、体を動かすことは少なくなり、より多くの人が太りすぎになる要因になっている。このような変化は、高所得国だけでなく、中低所得国にも影響を与えている。

多くの国では発育不全の子供が減少しつつある。しかし、幼児期に超加工食品を摂取することで発育不全につながるという。

食糧システムの変更を

世界保健機関(WHO)の健康・発育栄養局長のフランチェスコ・ブランカ博士は、「栄養面における新たな現実」に直面していると話す。

「我々はもはや、低所得国は栄養失調を、高所得国は肥満のみを懸念しているとみなすことはできない。あらゆるかたちの栄養不良には共通点がある。それは、すべての人々に健康的で安全で、手ごろで持続可能な食生活の提供に失敗した、食糧システムだ」

ブランカ博士は、現状を変えるには、生産や加工、貿易や流通、価格設定、マーケティング、商品ラベルから消費や廃棄に至るまでの食糧システムの変更が必要だと指摘。「システムに関連するすべての方針や投資について、根本的に再検討しなければならない」としている。

上質な食生活

報告書によると、上質な食生活とは以下のものを含むという。

  • 多くの果物や野菜、全粒穀物、繊維、ナッツ、種
  • 適量の動物性食品
  • 最小限の加工肉
  • 最小限の高エネルギーで、糖、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、塩分を含んだ食品や飲料
  • 生後2年間は乳児を母乳で育てること

上質な食生活は、健康的な成長や発育および生涯にわたり病気に対する免疫力の促進し、栄養失調のリスクを減らすことにつながる。

(英語記事 Poorest countries face both over and under-eating