2019年12月16日 12:43 公開

12日の総選挙でボリス・ジョンソン英首相率いる与党・保守党は全野党より80議席多い過半数を下院で得た。

保守党は、野党・労働党が何十年も支持を固めていたイングランド北部や中部、ウェールズの、ブルーカラー労働者の多い選挙区を奪った。スコットランドでは、スコットランド独立を掲げるスコットランド国民党(SNP)が議席を増やし、ここでも労働党は議席を減らした。

今回の総選挙は労働党にとって、1935年以来最悪の結果となった。

一方で、過去最多の女性議員が当選した。労働党と自由民主党では初めて、女性議員の数が男性を上回ることになった。

下の地図では、現職が落選した選挙区を見ることができる。「Results(結果)」タブが今回結果を選挙区ごとに色別で示したもの。青が保守党(CON)、赤が労働党(LAB)、オレンジが自由民主党(LD)、黄色がSNP、黄緑がウェールズ党(プライド・カムリ、PC)、緑が緑の党(GRN)、紫が北アイルランドの民主統一党(DUP)、深緑が北アイルランドのシン・フェイン(SF)、黒が北アイルランドの社会民主労働党(SDLP)、褐色が北アイルランド同盟党(APNI)、灰色がその他(Other)。

「Changes(変化)」のタブを開くと、現職が落選した選挙区が表示される。「2017」のタブは前回総選挙の結果。



ブレグジット効果

保守党は、2016年の国民投票でEU離脱を支持した多くの地域で票を伸ばした。2016年に過半数が離脱を支持した選挙区では、保守党が圧倒的な強さを見せ、その75%で勝った。対照的に、スコットランドやロンドンなどEU残留派が多い地域では、票を失った。

明確な離脱派や残留派とは、2016年国民投票で6割以上がいずれかに投票した選挙区を意味する。

下図が示すように、労働党はブレグジット支持の選挙区でも反対の選挙区でも票を失った。

一方で、労働党が今回失ったイングランド北部と中部、ウェールズの選挙区のほとんどは、2016年の国民投票でブレグジットを支持していた。加えて労働党は、明確な離脱派の選挙区だけでなく、明確に残留派が多い選挙区でも、4割しか議席を得られず、得票率を6.4ポイント落とした。

選挙区ごとのブレグジット国民投票結果との相関は、英ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイのクリストファー・ハンレッティ教授が計算したもの。国民投票の結果は下院選挙区ごとではなく自治体ごとに記録されたため、完全には一致していない。

国民投票で過半数が離脱を支持したとみられる選挙区のほとんどは、今回の選挙で保守党を支持した。一方で、残留を支持したとみられる選挙区の支持政党にはばらつきが出た。

離脱派多数の選挙区では労働党が最も健闘したが、その4割しか押さえられなかった。

労働党が勝ったブレグジット支持の選挙区は106だったのに対し、離脱派の議席は96とほぼ同数だった。

一方で、労働党以外の他の政党は、選挙区がブレグジット支持か反対かで結果に明確な差が出た。

ブルーカラー選挙区

全体として、保守党は伝統的な労働党支持地域に次々と食い込んでいった。

2017年選挙で労働党は、労働者階級世帯が多い(2011年国勢調査をもとにした分類による低所得層)100選挙区の内、72選挙区で勝った。

今回の結果、その72選挙区が53選挙区に減り、対する保守党は100選挙区中31選挙区を獲得した(前回は13選挙区)。

すべての地域と地方で

すべての地域と地方で、労働党の後退は保守党の躍進を上回った。

保守党はイングランド南部とスコットランドで票を失ったものの、イングランドではそれ以外の地区、さらにウェールズでも大きく支持を伸ばした分で相殺した。

自由民主党は、イギリス全体で得票率を伸ばしたものの、最多得票者が勝つ単純小選挙区制ではそれが議席増につながらなかった。

下図が示すように、保守党はイングランド中部で得票を大きく伸ばしたのに対し、労働党は全国的に票を失った。

スコットランドではSNP躍進

スコットランドでSNPは14議席を新たに獲得した。落としたのは1議席に留まった。それに対して保守党はスコットランドで7議席減、労働党は6減となった。

ウェールズでは、保守党が6議席増やし、労働党が主に北東部で6議席を落とした。ウェールズ全体では、労働党の得票率が2017年の49%から41%に下がった。

保守党はイングランドとウェールズの大半で高い得票率を獲得。国全体の得票率44%を反映する結果となった。

下の地図で、党別・選挙区別の得票率を見ることができる。

労働党は都市部で健闘

労働党が首都ロンドンと、ウェールズ南部やイングランド北部の都市部周辺で強さを発揮した。

全国的な得票率は32%で2017年から8ポイント減った。60議席を失い、他党から奪ったのは保守党が押さえていたロンドン南西部パトニーの議席だけだった。

史上最多の女性議員

今回当選した女性議員は220人。過去最多だった2017年の208人から、さらに12人増えることになった。

労働党と自由民主党では初めて、女性議員の数が男性を上回ることになった。

労働党の議員202人中(下院議長のリンジー・ホイル氏は除外)、104人が女性だ。自由民主党の議員11人のうち、7人が女性。

投票率

投票日の12月12日は、寒くてじめじめした日だった。しかし、投票率は67.3%で、2017年6月の前回から1.5ポイント下げるに留まった。

(英語記事 Election results 2019: Analysis in maps and charts