橋場日月(歴史研究家、歴史作家)

 豪雨と相撲で明け暮れた信長の天正6(1578)年は、第2次木津川口の戦いで鉄砲や大筒で武装した織田水軍の鉄甲船が毛利水軍を撃破し、本願寺・毛利に寝返った摂津の荒木村重の有岡城(伊丹城)攻撃開始で終わった。

 年が改まって天正7(1579)年。正月8日、安土城の信長小姓衆・馬廻衆・弓衆は6キロほど南の馬淵へ駆り出された。現在は滋賀県近江八幡市馬淵町となっている馬淵庄は、古来石工集団が活動していた。彼らは天正4(1576)年の着工以来、安土城築城にも穴太(あのう)の石工集団とともに従事している。のちには豊臣秀吉の命で京・三条大橋の架け替え橋脚工事や徳川家康の命で江戸城の改修工事にも携わった職人たちだった。

 織田家臣たちは正月早々ご苦労なことだが、その石工のところから切石350個余りを安土まで運ぶために動員されたのだ。言うまでもなく、城の工事に使うための石材だったのだろう。信長は相撲で地鎮するだけでなく、大量の石材を投入して城の地盤固めを続けていた。

 翌日、石材運搬作業を行った家臣たちには信長の趣味の鷹狩りの獲物である鶴や雁(かり)が下げ渡されている。重労働にしてはささやかな賞与だが、信長としては「これで鍋でも作って食べて、石運びで消耗したスタミナを回復しろ」という程度の気持ちだったのだろう。

 続いて11日には、堺の豪商・天王寺屋宗及(津田宗及)が安土城を訪れた。明智光秀、松井夕閑と信長重臣の元を正月のあいさつ回りを兼ねた茶会で巡ったあと、信長に招かれたのだ。

 宗及はその茶会記に「御殿守拝見仕(つかまつ)り候。上様直に御案内なさるものに候。御殿守七重、其外(そのほか)様躰(ようだい)中/\(なかなか)筆にのべ難き也」と書いている。彼は信長に直接案内されて、安土城天主を見学し、その規模と豪華さが「なかなか筆舌に尽くし難い」ものだったと驚き入った。

 この段階で、安土城天主がほぼ完成していたことはこの記事で分かる。

 だが、信長はまだ城内の屋敷からこの天主に移ろうとはしなかった。3月30日、鷹狩りの途中、箕面の滝を見物。江戸時代の観光案内『摂津名所図会(ずえ)』はこの滝を天下で2番目の滝と紹介している。ちなみに天下第一はというと、これは熊野那智大社のご神体、那智の滝だ。
名古屋市緑区の「桶狭間古戦場公園」にある織田信長の銅像
名古屋市緑区の「桶狭間古戦場公園」にある織田信長の銅像
 同書は「瀧の上に碧潭(へきたん)あり。これを龍穴(りゅうけつ)といふ。村民旱天(かんてん)に遇う時。ここに祷(いの)れば忽(たちまち)膏雨(ごうう)降るなりとぞ」と続ける。「滝の上(の岩窟)に青い澱み(よどみ)がある。これを龍穴と呼び、近在の村民たちが日照りのとき、この龍穴に祈りを捧げれば、即座に恵みの雨が降るということだ」という意味だ。水を支配する龍の聖地。まさに信長好みの場所ではないか。

 滝の手前には滝安寺(りょうあんじ)があるが、これは修験道の開祖とされる役小角(えんの・おづぬ)が日本最古の弁天様(弁才天女)を祀(まつ)ったという伝承を持つ寺で、江ノ島、竹生島、厳島と並ぶ日本四弁天の一つでもある。これも元々は水の神であることは以前にも述べた。