2019年12月19日 13:30 公開

米下院本会議は18日、ドナルド・トランプ大統領による権力乱用と議会妨害について、弾劾条項2項目を可決した。

ナンシー・ペロシ下院議長は審議冒頭、「米国の安全保障にとって、大統領は今も今後も脅威であり続ける」と述べた。

今後、下院が弾劾決議を上院に送付し、共和党が多数を占める上院が来年1月6日に弾劾裁判を開く。