2019年12月23日 12:08 公開

ドナルド・トランプ米大統領がウクライナの大統領に個人的利益のため政敵への捜査を働きかけ、軍事援助の凍結を取引材料にしたとされる問題で、7月25日の電話会談の91分後に、ホワイトハウス幹部が国防幹部に軍事援助の凍結について連絡していたことが明らかになった。非営利の米調査団体「The Center for Public Integrity(CPI)」による情報開示請求の結果、ホワイトハウスからのメールの内容が公表された。

野党・民主党が多数の下院は、トランプ氏はウクライナへの働きかけを「権力乱用」と認定したほか、これについての議会調査を大統領が妨害したのは「議会妨害」だとして、トランプ氏を弾劾訴追している。

トランプ大統領とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の7月25日の電話会談について、CPIは情報公開法に基づきメールの開示を請求し、ワシントンの連邦地裁が20日にこれを政府に命じた。このため、ホワイトハウス行政管理予算局(OMB)と国防総省が、一部を黒塗りした計146ページのメールをCPIに提示した。

メールではOMBの国家安全保障部門担当、マイク・ダフィー氏が電話会談の91分後に、国防総省に対して、ウクライナへの軍事援助を政府として再検討することにしたため、援助執行を「保留」するよう求めている。

「この申し出はデリケートな内容のため、情報共有は命令執行に必要な最低限の人に限定していただけるとありがたい」と、ダフィー氏は書いている。

7月の電話について下院が弾劾調査を開始した後、ホワイトハウスが公表した通話記録によると、トランプ氏はゼレンスキー氏に対して、来年の米大統領選で民主党候補となるかもしれないジョー・バイデン前副大統領とその息子について、汚職関連で捜査するよう促している。

CPIは開示されたメールについての記事で、1974年議会予算法に言及し、「ウクライナ支援のように、連邦議会がいちど予算措置を成立させ、大統領が関連の支出法案に署名したものについては、行政府はその予算は執行しなくてはならないと定めている。大統領は、議会の指示がどれほど不都合もしくは魅力的でないものだったとしても、議会の指示をただ無視することはできない。予算の執行が差し控えられたり、他の使途に変更される場合、秘密裏に行ってはならず、議会の承認が必要」だと説明している。

「ミスリーディングだ」とOMB

OMBのレイチェル・セメル報道官は22日、米メディアへの声明で、ひとつのメールを文脈から外れて受け止めて軍事援助凍結と結びつけることは「無謀」だと批判した。

「軍事援助の停止と電話会談を結びつけることは無謀だ。すでに確立され、広く報道されているように、援助の停止は7月18日の政府内関係者会議で公表されている」という報道官のコメントを、CNNが伝えた。

「ひとつのメールから一行を抜き出して、文脈に言及しないのは、ミスリーディングで不正確だ」と報道官は反発している。

一方で、民主党幹部のチャック・シューマー上院院内総務はメールの開示を受けて、上院で予定されるトランプ氏への弾劾裁判が新証人や証拠を検討することがいかに大事か、あらためて浮き彫りになったと述べた。

「ダフィー氏の出席と証言が必要だと、今こそはっきりした。このメールはものすごい証拠だ」とシューマー議員は強調した。

「私たちが証言を要求してきた政権幹部その人のメールだ。その人が、トランプがゼレンスキーに電話をした90分後に、援助を止めろと言い、しかもそれは内密にと言っている。証人として呼ぶため、これ以上の何が必要だと言うのか」

「証人の証言を聞き、資料を入手するまで、その証言を阻止した者たちは隠ぺい工作を幇助(ほうじょ)していたのだ、それ以外の何物でもないと、米国民は正しく類推するだろう。なので私はこう言って今日はおしまいにする。トランプ大統領、メールを開示し、証人に証言させなさい。なにを怖がっているんですか」

弾劾手続きの次はどうなる

下院本会議は18日、2つの弾劾条項について可決した。これを受けて共和党が多数を占める上院は、来年にも弾劾裁判を開く決まりだが、与野党の駆け引きが続くなか、日程や審理方法などは不透明となっている。

上院の議事進行について決定権をもつ共和党幹部のミッチ・マコネル上院院内総務は、自分は「中立」ではなくホワイトハウスと連携すると言明。証人なしのスピード判決を希望している。

これに対して民主党は、ウクライナ関係について知る立場にある現職や元職のホワイトハウス側近、少なくとも4人から、新しく証言を求めるべきだと主張している。

こうした状況で、民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は、上院による弾劾裁判の手続きルールに民主党として納得できるまで、弾劾決議を上院に上程しない姿勢を打ち出している。こうすることによって、共和党が多数の上院による「無罪」判決がいつまでも出ない可能性もある。

トランプ氏は22日にツイッターで、「でまかせ弾劾」における民主党の主張は「死んだ」と主張し、ペロシ議長を「クレイジー・ナンシー」と呼んだ。

定数100議席の連邦上院で、共和党は現在53議席を押さえている。大統領の弾劾と罷免には3分の2以上の賛成が必要なため、今の上院がトランプ氏を罷免する可能性はきわめて低い。

(英語記事 Trump impeachment: White House withheld Ukraine aid just after Zelensky call