2019年12月25日 10:44 公開

サンタクロースのような白ひげを生やした男がクリスマス目前の23日、米コロラド州の銀行を襲い金を奪った。男は銀行を出ると、「メリークリスマス!」と叫びながら路上で紙幣をばらまき、駆けつけた警察官に逮捕された。

警察によると、デイヴィッド・ウェイン・オリヴァー容疑者(65)は同日正午ごろ、コロラド州コロラドスプリングスの銀行アカデミー・バンクに強盗に入った。

事件を目撃したディオン・パスカルさんは地元テレビ、コロラド11ニュースに、「彼は銀行からお金を奪って出て来ると、あちこちにお金をばらまいた」と説明。

「かばんからお金をまき散らして、『メリークリスマス!』と言った」と、当時の様子を語った。

スターバックスでじっと

複数の目撃者によると、オリヴァー容疑者は金をばらまいた後、近くのスターバックスに入った。席に座り、逮捕されるまでじっとしていたという。単独犯だったとされる。

路上にばらまかれた紙幣は通行人たちが拾った。クリスマスにふさわしい精神のあらわれか、全額が銀行に戻されたという。

調べによると、容疑者に小さい助手たちはいなかったもよう。

(英語記事 'Merry Christmas' bank robber gifts money