2019年12月27日 13:36 公開

欧州委員会のフランス・ティメルマンス第1副委員長は26日、英紙ガーディアンへの寄稿で、イギリスの欧州連合(EU)離脱で「深く傷ついた」と述べた上で、「いつでも戻ってきてほしい」としめくくった。

イギリスへのラブレター」と題されたこの記事でティメルマンス氏は、「イギリス系の学校に通っていた時から、あなたはいつでも私の一部だった。そして今、あなたは去ろうとしている。私の心は砕かれた」と書いている。

イギリスは2020年1月31日にEUを離脱する予定。

与党・保守党は今月12日の総選挙で過半数議席を確保した後、下院でEU離脱協定法案を可決させている。

ラブレターには何が

ティメルマンス氏の寄稿は、「最近、欧州へのラブレターのような素敵な本を読んだ。それで、自分のイギリスへの愛について考えるようになった」と始まる。

その後、ローマのイギリス系インターナショナルスクールに通っていた時の思い出に触れ、自分の人生では「イギリスがいつも、私の一部として側にいた」とつづった。

「私はあなたを知っているし、愛している。その人となりを、そして私にくれたものを。昔の恋人のように」

ティメルマン氏は、イギリスは自分のことを「ユニークで他とは違う」と思っているが、「思っているほどではないかもしれない」と指摘。

また、EU加盟国間には対立があり、それが良い力にも悪い力にもなると認めた上で、「あっという間に取り返しが付かなくなる」こともあるとした。

さらに、イギリスはEUについてまだ決めかねていることがあり、「それがあなた自身を傷つけているように見える」と書いた。

「本当のことを言うなら、あなたが離脱を決めたときに深く傷ついた。3年後の今、私は家族のひとりが絆を断ち切りたいと思っていることに、ただただ悲しい」

「しかし同時に、家族の絆は決して切れないと思うことで安心しようとしている。私たちはどこにも行かないし、いつでも戻ってきてほしい」

イギリス側の反応は?

ソーシャルメディアでは、ティメルマンス氏の寄稿に好意的なコメントが多く見られた。

元緑の党党首で、新たに上院議員となったナタリー・ベネット氏はツイッターで、このラブレターは「覚えておくべきものだ。そして、ありがとう」と書いた。

労働党のアンドリュー・アドニス上院議員も、イギリスのEU復帰は「時間の問題に過ぎない」とツイートした。

一方、ブレグジット(イギリスのEU離脱)推進派からは不興を買ったようだ。

イギリス独立党(UKIP)のポール・オークリー氏は、「おえっ。未練たらたらな元カレみたいなフランス・ティメルスマンが、イギリスへの感傷的な手紙でEUに戻ってきてほしいと言っている」と揶揄(やゆ)した。

ブレグジット後の展開

年明けに欧州議会がゴーサインを出せば、イギリスは来年1月31日、離脱協定に基づいてEUを離脱し、移行期間に入る。移行期間は2020年12月31日に終わる予定だ。

この期間中、イギリスはEUの関税同盟と単一市場に実質とどまることになる一方、EUの政治機構からは外れ、欧州議会からもイギリスの議員はいなくなる。

移行期間中の最優先事項はEUとの通商協定締結に向けた交渉だが、時間は限られている。EU側は交渉準備に数週間かかるとみられており、正式な交渉が始まるのは3月になってからだ。

また通商協定だけでなく、安全保障や司法の分野でも、新たな合意を結ぶ必要がある。

(英語記事 EU 'love letter' says UK always welcome back