2020年01月13日 15:33 公開

2023年に民間人初の月旅行への挑戦を表明している前澤友作氏(44)は9日、月旅行に一緒に参加してくれる「人生のパートナー」を見つける、お見合い企画を発表した。

日本の通販サイト「ゾゾタウン」創業者でスタートトゥデイ社長の前澤氏は2018年、米起業家イーロン・マスク氏率いる宇宙開発会社スペースXと、月の周回旅行の契約を結んだ。

月旅行は2023年に予定されており、実現すれば1972年に米航空宇宙局(NASA)のアポロ17号が月面着陸して以来の、人類の月訪問となる。

女優の剛力彩芽さん(27)との破局が昨年11月に報じられた前澤氏は、企画を発表したウェブサイトで、「長年の夢である宇宙への旅。そんな特別な場所には特別な人と行きたい」と説明。

「寂しさと虚しさがなんとなく込み上げてくる中、一人になって思うことは、、、『一人の女性を愛し続ける』。(中略)『人生のパートナー』を見つけたい。そしてその未来のパートナーと共に、宇宙から愛を叫びたい、世界平和を叫びたい」としている。

前澤氏は12日にも、お見合い企画サイトのリンク付きで、「月へ旅行する『初めての女性』になりませんか?」と英語でツイートしている。

https://twitter.com/yousuck2020/status/1216272633248903168


ウェブサイトには、お見合いへの応募条件と、約3カ月にわたるパートナー決定までのスケジュールが掲載されている。

応募条件は、「20歳以上の独身女性」、「いつも明るく笑ってポジティブな方」、「宇宙渡航およびその準備に参加する興味のある方」など6項目。今月17日に募集が締め切られ、3月末にパートナーが決定するという。

起業する以前はパンクバンドのドラマーを務めていた前澤氏は、これまで風変わりな行動で注目を集めてきた。

今月、前澤氏は抽選で1000人に100万円をプレゼントする、総額10億円のお年玉企画をツイッターで発表。前澤氏のアカウントをフォローし、該当の投稿をリツイートすると応募できるというものだった。

前澤氏は、数千億ともいわれる個人資産の多くを絵画の購入などにあてている。

前澤氏が支払う月旅行の総額については開示されていないが、マスク氏は「大金」だとしている。

(英語記事 Japanese billionaire seeks partner for Moon trip