2020年01月17日 11:50 公開

インド北部チャンディーガルで14日、テレビの生放送中に、男がガールフレンドを殺したと自白する出来事があった。テレビ局スタッフが警察に通報し、男は逮捕された。

逮捕されたのは、マニンダー・シン容疑者(27)。地元テレビ局「ニュース18」を訪れ、1人のカメラマンに対し、「告白」したいことがあると告げたという。そこでスタッフは男をスタジオへ連れて行き、「告白」を放送した。

シン容疑者は、番組の司会者に対し、ガールフレンドのサラブジート・カウルさんを殺したと述べた。自分のカーストがカウルさんと違うことを理由に、カウルさんの家族から結婚を反対されたからだと説明した。

この出来事をめぐっては、2019年公開の米映画「ジョーカー」のヤマ場のシーンと比較する人や、報道倫理における問題を提起する声があがった。

殺害「告白」の理由

シン容疑者は番組内で、殺害を「告白」した理由についても明かした。昨年12月30日、カウルさんの遺体が2人でチェックインしたホテルで発見されて以降、自分の家族が警察から嫌がらせを受けていたからだという。

シン容疑者は事件以降、逃走していた。

チャンディーガルの警察官ネヤ・ヤダヴ氏は、「容疑者は注目と同情を集めたいと思っていた。そして、誰か弁護士が自分の事件を担当してくれることを期待していた。容疑者は弁護士を雇う金がなかったので」と、BBCパンジャブ語のアルヴィンド・チャブラ氏に述べた。

過去に殺人罪で有罪

ニュース18によると、シン容疑者は2010年に他の女性を殺害した罪で、2014年に有罪判決を受けていた。

パンジャブ州の警察はBBCの取材で、容疑者は隣接するハリヤナ州で、前のガールフレンドの殺害事件の捜査が行われる中、保釈されていたと述べた。

(英語記事 Indian arrested after confessing to murder on TV