2020年01月21日 13:09 公開

英南西部サマセット州の海岸で犬の散歩をしていた男性が、1億9000万年前の魚竜の化石を発見した。新種なら、飼い犬にちなんだ学名を付けてほしいと願っているという。

ジョン・ゴプシルさん(54)はクリスマス前、スパニエルのポピーとサムを連れてストルフォードの浜辺を散歩していたところ、2匹がゴプシルさんを化石の方へと連れて行った。

ゴプシルさんは、「化石を見たとき鳥肌が立った。その場を行ったり来たりして、信じられないと頭を振り続けた」と語った。

魚竜はすでに絶滅した海洋は虫類。12月27日に発掘され、今後、サマセット州内に展示されるという。

「化石ハウンド」

アマチュアの考古学者でもあるゴプシルさんは発見当時について、引き潮の時に浜辺に行き、犬とボールで遊んでいたと説明した。

「クリスマス前の嵐のあとで、半マイル(約800メートル)ほどある大きな岩の上にいた。すると、サムが何かを見つけた」

「化石は170センチほどで、真新しく見えた。信じられなかった、素晴らしかった」

ゴプシルさんはその場ではどうすれば良いかわからず、写真を撮ってソーシャルメディアに投稿した。

「フェイスブックページは大混乱になった。私の『化石ハウンド』は最終的にニューヨーク・ポストにまで載った」

「お金をあげるから場所を教えてほしいという人や、実際に海岸に化石を探しに来る人が出てきた」

ゴプシルさんは科学的な損失を恐れて、地元の自然歴史保全団体、ヘリテイジ・トラストに連絡した。化石は12月27日、石から切り出された。

恐竜の化石を見つけた人は、専門の古生物学者によって新種と断定された場合、その恐竜の命名権を得る。

ただし、その名前は動物命名法国際審議会で承認される必要がある。

ゴプシルさんによると、「この化石は頭部がないので、新種かどうか見極めるのは非常に難しい」という。

「もし新種なら『ポピーサモサウルス』と名付けたいが、正式名として認められるかは分からない」

「しかし何より、自分がこの化石を見つけたことが信じられない。ずっと化石を探していたから、夢が叶った」


魚竜とは?

  • 「泳ぐ恐竜」と誤解されることもあるが、実際には恐竜よりも早い三畳紀(2億5100万~1億9900万年前)初期に登場
  • 英語名の「Ichthyosaurs」は「魚トカゲ」という意味だが、19世紀中ごろからは虫類に分類されている
  • 体長は1~14メートル
  • 鋭く頑丈な歯が特徴
  • およそ9000万年前に絶滅した

(出典:Encyclopaedia of Paleontology


(英語記事 Fossil finding dogs hope to inspire dinosaur name