2020年01月23日 11:52 公開

イギリス議会は22日、欧州連合(EU)離脱協定を法制化するための関連法案を可決した。ボリス・ジョンソン首相は、「ブレグジット(イギリスのEU離脱)のゴールラインを越えた」と述べた。

「2019-20年EU(離脱協定)法」はこの後、エリザベス女王の裁可をもって成立する。ジョンソン首相は、イギリスはこれから「一丸となって前進し」、「何年にも渡った憎しみと分断を後にする」と話した。

イギリスは2016年6月に行われた国民投票でEU離脱を決定。3年半以上をへて、1月31日午前11時(日本時間同日午後8時)に正式離脱する。

2月1日からは、イギリスは11ヶ月間の「移行期間」に入る。この期間はEUの法に従う必要がある一方、欧州議会などEU機関に代表は送らない。

またこの移行期間中に、イギリスとEUは通商協定や安全保障上の取り決めをめぐる交渉を終わらせる必要がある。

上院の修正案を全て否決

ジョンソン首相は昨年10月にEUと離脱協定に合意。その後、国内で法制化するための法案可決に向けて12月に総選挙を行い、与党・保守党は過半数議席を獲得した。

離脱協定法案は今月10日に下院を通過した後、今週初めから上院で審議されていた。

上院はこの際、在英EU市民への権利保障、イギリスの裁判所がEU法から逸脱する権限、ブレグジット後の司法の独立、地方議会との合意形成、難民の取り扱いの5項目について修正した。

特に難民をめぐる修正では、EU域内で難民申請した保護者のいない未成年にイギリス在住の親族がいた場合、イギリス国内で再会させるよう、EUとの合意を取り付けることを政府に義務付けた。

しかし下院はこの日、上院による修正を全て否決。法案を上院に再送付し、上院がこれを受け入れた。

次は何が起こる?

離脱協定の批准手続きは来週にかけて進められ、1月31日の期限前までに完了する見通しだ。

欧州理事会のシャルル・ミシェル議長や欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は向こう数日内に署名する見通し。ジョンソン首相も、イギリス政府を代表して署名する。

また、欧州議会は29日にも協定について審議・採決を行う予定だ。

(英語記事 UK has 'crossed Brexit finish line', says Johnson