2020年01月23日 16:22 公開

米ハリウッドの元映画プロデューサー、ハーヴィー・ワインスティーン被告(67)の性的暴行疑惑をめぐる刑事裁判が22日、本格審理に入り、検察側が被害の生々しい詳細を明らかにした。

ニューヨーク・マンハッタンの裁判所で行われている公判でメガン・ハスト地方検事補は、ワインスティーン被告は「年季の入った」性犯罪者で、弱い立場にあった女優たちを餌食にしていたと指摘した。

一方、被告の弁護団は、ワインスティーン氏の行為は合意の下に行われたもので、うち1件は「愛情のある」関係だったと主張した。

現在保釈中のワインスティーン被告は、強姦罪や性的暴行罪など計5件の罪状に問われている。 有罪となれば、終身刑となる可能性もある。

判決は3月初めにも出される見通しだ。

<関連記事>

ワインスティーン被告はこの日、弁護団に囲まれて出廷。公正な裁判を受けられると思うかという記者の質問に「もちろんだ」と答えた。

被告をめぐっては、これまでに80人以上の女性が性被害を訴えている。一連の告発は、セクハラ被害者を支援する「#MeToo(私も)」運動の引き金となった。

しかし、こうした訴えのごく一部のみが、実際に刑事告訴に持ち込まれた。

ジェイムズ・バーク裁判長は先週、陪審員候補に対し、この事件は証拠をもとに判断すべきで、「#MeToo運動に対する国民投票」にしてはならないとくぎを刺した。

冒頭陳述の内容は?

ハスト地方検事補は冒頭陳述で、「そこに座っている男はハリウッドの巨人というだけでなく、強姦魔だ」と述べた。

また、「ワインスティーン被告はエンターテインメント業界に持つ権力と特権で(女性たちを)黙らせた。(中略)女性たちは互いに知り合いではないが、被告による暴力で受けた恥や屈辱について、ひとりひとり説明していく」と語った。

ハスト検事補はこの公判で、3人の女性の訴えについて詳細に説明。ただし、今回の罪状に含まれているのは2人だけだ。

3人目に当たる女優のアナベラ・シオラさんについては、事件から時間がたちすぎていてニューヨーク州では立件できないものの、シオラさんを証人として召喚するために、起訴状が提出された。

ミミ・ハレイさん:元制作アシスタントのハレイさんは、2006年にワインスティーン被告から性行為を強要されたと訴えている。ハスト検事補によると、ワインスティーン被告は雇用の話があると持ちかけてハレイさんを自宅に連れ込んだ後、ベッドに押し倒して性行為におよんだ。ハレイさんは、「死んだ魚のように動けない状態」で取り残されたという。

ジェシカ・マンさん:マンさんは、今回の公判で初めて名前が明かされた。ハスト検事補は、マンさんは長年にわたり、ワインスティーン被告と会う機会が何度もあったと説明。被告に何度も強姦されたことがあり、2013年3月には、マンさんが泊まっていたホテルに「人形」のように置き去りにされたことを証言するだろうと述べた。

アナベラ・シオラさん:ハスト検事補によると、シオラさんは1993~1994年にワインスティーン被告に「暴力的に強姦」され、「心身ともに壊された」ことを証言する予定。

ハスト検事補はさらに、被告は被害を訴えている女性たちを自分の近くに置くことで、加害行為を通報できないようにしていたと指摘した。

弁護側の主張は?

ワインスティーン被告の弁護団は、被告は女性たちと合意の下の関係しか結んでいないと主張。女性たちの1人は被告を「カジュアルな恋人」と呼び、その関係は愛情のあるものだったとしている。

デイモン・チェロニス弁護士は、2017年にマンさんがワインスティーン被告に宛てた電子メールには、「いつも愛している。でも、セックス目的の相手だと思われるのは嫌い」と書かれていたと述べた。

「これは加害者に、虐待者に対する話し方ではない」とチェロニス氏は指摘している。

「この事件は間もなく解明されるが、証拠に基づいていなくてはならない」

その上で、「#MeToo」運動は世界に変化をもたらしたが、「真実は変えられない」と述べた。

ワインスティーン氏は、自分の行為によって女性たちに「痛みを与えた」ことを認めているものの、無罪だと主張している。

刑事起訴までの道のりは?

ワインスティーン被告の性暴力は、2017年10月に米ニューヨークタイムズ紙が報じたことから明るみに出た。被告は2018年5月にニューヨーク警察に出頭。その後、女性2人に対する強姦と性的加害行為について起訴された。

翌6月には100万ドル(約1億1000万円)の保釈金を支払って保釈され、ニューヨーク最高裁判所で無罪を主張した。

罪状は当初6件あったが、検察側は2018年10月、女性の1人が性的被害について異なる説明をしていたと発表。ニューヨーク州の判事はこれを受けて罪状を5件に減らした。

ワインスティーン被告は2019年8月にも、シオラさんに関する2件の性的加害行為疑惑について無罪を主張している。

被告は、報道が過熱するニューヨークでは公正な審理が受けられないと主張していたが、公判をニューヨーク以外で受けることは認められなかった。

(英語記事 Weinstein 'a seasoned sexual predator', trial told