2020年02月04日 12:36 公開

中国で多数の死者が出ている新型コロナウイルスの大流行で、同国の共産党最高指導部は3日、対応に「欠点と不足」があったと認めた。

国営新華社通信によると、習近平国家主席が議長をつとめる政治局常務委員会が会議を開催。中国の統治制度にとっての「大きな試練」から教訓を得る必要があるとした。

また、国の緊急管理制度を改善する必要性も認めた。さらに、新型ウイルスが発生した、野生生物を取り扱っている市場の取り締まりを命じた。

中国の死者は425人に

国家衛生健康委員会は、3日だけで64人の新たな死者が湖北省で確認されたと発表。中国における死者は、同日夜の時点で425人になった。

2002~2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)による中国(香港を除く)の死者数349人を突破した。

同国の発症者はわずか1日で3000人以上増え、2万人を超えた。


中国以外では、感染者が計150人以上確認されている。死者もフィリピンで1人確認されている。

対応能力を高める必要

新華社通信によると、政治局常務委員会の会議は、「今回の流行への対処であらわになった欠点や不足に対応するため、我々は国の緊急管理制度を改善し、緊急かつ危険な任務に対処する能力を高めなくてはならない」とした。

また、野生生物の違法売買は「断固として禁止」されるべきだとし、市場における監視の強化を求めた。

新型ウイルスは、湖北省武漢の市場から発生したとみられている。中国のウイルス研究者による、コウモリが発生源である可能性が高いとする研究が3日、公表された。

政治局常務委員会は、武漢が「最優先」であり続けるとし、医療スタッフを追加派遣すると述べた。

さらに、当局者は感染防止で責任を果たすべきだとし、取り組まない者は処罰されると表明した。

華家河鎮という町では、脳性まひ患者の10代男性が死亡したことを受け、地元の共産党幹部ら2人が解任されたことが判明している。

男性は父親に面倒をみてもらっていたが、父親が新型ウイルスに感染した疑いで隔離され、誰の支援も受けられない状態だった。

マスク、防護服、ゴーグルが不足

新型ウイルスの流行は、春節(旧正月)明けの3日に再開した金融市場にも影響を及ぼしている。

上海総合指数は8%近く下げて取引を終了。過去4年以上の間で最大の下落となった。

一方、中国の外務省は3日、新型ウイルスへの対応で物資が不足しているとして、国際的な支援を要請した。

華春瑩報道官は、「中国が現在、緊急に必要としているのは、医療用マスク、防護服、ゴーグルだ」と述べた。

上海など数都市では、春節の休暇を延長。多くの学校が休校となっている。

15人の感染者が確認された香港は、中国大陸との境界13カ所のうち10カ所で通行を停止している。

新型ウイルスの致死率は現在約2.1%で、SARSの9.6%を大きく下回っている。

主要7カ国が連携して対策

主要7カ国(G7)は3日、電話会議を開催した。アメリカ、ドイツ、日本、イギリス、カナダ、フランス、イタリアの保健衛生の担当大臣が参加した。

ドイツのイェンス・シュパーン保健相は、各国が渡航規制やウイルス研究で協調し、世界保健機関(WHO)や中国と協力することで合意したと述べた。

現在、多数の国が国民を中国から避難させている。帰国時には避難者を隔離する場合が多い。

アメリカは21歳未満の政府職員家族に対し、中国からの出国を命じた。湖北省を訪れた米国民は全員、2週間隔離する。

アメリカの対応について、中国外務省の華春瑩報道官は「やり過ぎ」と批判。WHOの勧告に逆行しており、「恐怖を広めている」と述べた。

各国の新型コロナウイルス対策

新型ウイルスの流行に伴い、さまざまな国が渡航制限を発表している。

  • 最近、中国に渡航歴のある全ての外国人の入国拒否:アメリカ、オーストラリア、シンガポール
  • 中国本土から渡航した外国人の入国拒否:ニュージーランド、イスラエルロシアもモスクワ・シェレメチェボ空港以外で同様の制限を実施する)
  • 中国湖北省を訪問した外国人の入国拒否:日本、韓国
  • 中国行きのすべての航空便を停止:エジプト、フィンランド、インドネシア、イギリス、イタリア
  • 中国との国境を閉鎖:モンゴル、ロシア(一部)

持病のある患者が死亡

流行の中心となっている武漢市では、7万5000人以上が新型ウイルスに感染している可能性があると、専門家は指摘している。

一方、香港大学は、実際にウイルスに感染した人数は当局の発表よりはるかに多いと推計している。

また、英医学誌ランセットで発表された流行の初期段階に関する報告書によると、新型ウイルスによって亡くなった患者のほとんどに既往歴があった。

武漢市金銀潭医院に入院し、最初に死亡した99人のうち、40人に心臓や血管の疾患がみられた。また、12人が糖尿病をわずらっていたという。

新型ウイルスは深刻な呼吸器感染症を引き起こすもので、発熱や空ぜきといった症状から始まるとみられている。

しかし感染した多くの人が、通常のインフルエンザのように完治するとみられるという。

中国の国民健康委員会の専門家によると、重症とならなかった場合、症状は1週間ほどでおさまると説明している。

(英語記事 China admits 'shortcomings' in virus response/Chinese shares suffer biggest fall in four years