2020年02月04日 18:38 公開

アメリカの任天堂のサーバーをハッキングし、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」(2017年3月発売)に関する詳細を発表前にリークした罪や、児童ポルノ画像を所持していた罪で起訴されていた米国人の男が先月31日、罪を認めた。4月21日に判決が言い渡される予定。

シアトルの連邦地方裁判所の裁判記録によると、カリフォルニア州パームデール出身のライアン・ヘルナンデス被告(21)は、「Nintendo Switch」に関する情報を発表前にリークした。

同被告は、オンライン上で「ライアン・ウエスト」や「ライアン・ロックス」のハンドルネームで活動していた。

米連邦捜査局(FBI)は2019年、ヘルナンデス被告の通信機器を押収。児童への性的虐待を映した画像や動画をダウンロードしていたことが明らかになった。

ハッキング情報をソーシャルメディアで自慢

米司法省によると、ヘルナンデス被告と共犯者1人は2016年、「フィッシング」攻撃を使って任天堂社員1人をだまし、ログイン情報を入手した。

この情報を元に、「Nintendo Switch」に関する機密ファイルや情報をダウンロードしてリークした。

2017年当時、ヘルナンデス被告は18歳未満で、カリフォルニア州で両親と暮らしていた。自宅を訪れたFBIに対し同被告は、ハッキングを止めると述べ、もし続けたらどうなるかは理解していると話した。

しかし司法省によると、ヘルナンデス被告は2018年にハッキング活動を再開。当時未発表のゲームに関する開発ツールや情報を任天堂から盗み出し、ソーシャルメディアで自慢していた。

2019年6月にFBIは再度、ヘルナンデス被告の自宅を訪れ、任天堂の数千ものファイルや複数のゲームを盗むために設計された被告の通信機器を発見した。

児童ポルノを所持

さらに、「悪いもの」と名前が付けられたフォルダの中から、児童への性的虐待が撮影された1000以上の画像や動画も見つかった。

司法取引に従い、検察側は被告に禁錮3年を求刑することになる。しかし、児童ポルノを所持していたことから、裁判官が禁錮20年を言い渡す可能性がある。

ヘルナンデス被告は任天堂側に26万ドル(約2800万円)の賠償金を支払うほか、有罪となれば性犯罪者として登録されることになる。

(英語記事 Nintendo Switch leaker admits child sex abuse