2020年02月10日 12:55 公開

香港政府は9日、新型コロナウイルスの集団感染が疑われ、港に停泊して検疫を受けていたクルーズ船の乗客乗員約3600人について、検査結果が陰性だったとして下船を許可した。

クルーズ船「ワールド・ドリーム」をめぐっては、先月乗船していた乗客3人が新型ウイルスに感染していたことが判明。乗客乗員は4日間、船内に隔離されていた。

一方、日本では横浜の沖合いで、約3700人を乗せたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が約1週間、検疫のため停泊している。厚生労働省によると、9日までに70人の感染が確認されている。

死者数SARS上回る

新型コロナウイルスによる死者は9日現在、910人に上った。2人を除き全員が中国大陸で死亡した。中国大陸以外では、香港で1人、フィリピンで1人が死亡した。

2002~2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の全世界(20数カ国以上)の死者数774人を上回った。

なぜ隔離されたのか

香港で停泊していた「ワールド・ドリーム」は5日、先月乗船していた3人が新型ウイルスに感染していたことが判明し、5日から乗客乗員を船内に隔離した。

港湾衛生首席管理官のレン・ユー・ホン氏によると、全乗員(約1800人)の検疫結果が陰性だった。すべての乗客乗員の下船が認められ、下船後に隔離する必要はないとしている。

香港当局は8日、中国大陸からの入境者を2週間強制的に隔離する措置を開始した。

翌9日、香港の保健相は、468人に対し、自宅やホテルの客室、あるいは香港政府が運営する施設に留まることを指示したと説明した。

<関連記事>

新型ウイルスが発生した中国・湖北省の保健当局によると、同省だけで800人以上が死亡した。

世界中で4万人以上が感染しているが、その大部分は中国国内で確認されている。

世界保健機関(WHO)は先月30日、「世界的な緊急事態」を宣言した。

春節明けも閉鎖続く

中国大陸では、新型ウイルスの拡大を受けて延長していた春節連休が3日に明けた。

以降、数百万人が出勤準備を進めていたが、多数の企業などで閉鎖は続く見込みで、多くの人々が在宅で仕事をするとみられる。

中国国営メディアによると、首都北京を囲む河北省では、複数の学校が少なくとも3月1日まで閉鎖を続ける方針という。

湖北省の多くの地域は現在も封鎖されている。それ以外の地域では、移動や人々が集まることを厳しく制限しているという。

状況は「やや安定」

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は8日、新型ウイルスの症例は依然として湖北省内に集中しており、過去4日間で症例数はやや安定してきているとした。

そして、こうした減速は新型ウイルスを防ぐための「好機」だと繰り返した。

ゲブレイエスス事務局長は4日、新型ウイルスをめぐる中国政府の対応について、ウイルスの拡大を防ぐ良い方法だと評価していた。

隔離措置の効果強調

中国の劉暁明駐英大使はBBC番組「アンドリュー・マー・ショー」で、「いつ感染者数が変曲点に達するのかを予測するのは非常に難しい」が、「分離や隔離措置は非常に効果を上げている」と述べた。

劉大使は、新型ウイルスは「人類の敵」だとした。一方で、「制御可能で、予防可能で、治癒できる」ものだとし、パニックにならないよう人々に求めた。

武漢の状況を発信した男性が行方不明に

こうした中、湖北省武漢市の病院内の状況や、マスクを求める行列などの動画をネット上に投稿していた弁護士でブロガーの陳秋實氏の安否について懸念が高まっている。

陳氏の投稿は広くシェアされていたが、6日以降、同氏の行方がわからなくなっている。強制的に隔離された可能性があるとの不確実情報が出回っている。

陳氏は先週、BBCのインタビューで、新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)について、あとどれだけ発信し続けられるかわからないと発言。「検閲は非常に厳格で、私の投稿をシェアした人々のアカウントは閉鎖されている」としていた。

危険性を早期警鐘の医師が死亡

陳氏の失踪は、新型ウイルスのアウトブレイクの可能性についていち早く警鐘を鳴らしていた医師の死亡をめぐり、怒りや悲しみが中国国内で広まっている最中に起きた。

中国人医師の李文亮氏(34)は昨年12月、2003年の世界的エピデミック(伝染病)を引き起こしたSARSに似た、とあるウイルスによる7つの症例に気づき、同僚に注意喚起しようとした。

しかしその後、警察から「虚偽の発言」をやめるよう指示され、「うわさを拡散」したとして捜査対象となった。

中国は、新型ウイルスの重大性を過小評価したり、感染の事実を隠そうとしたりしていたとして非難されている。しかし、劉大使は李医師の死亡について、地元当局をとがめた。「(李医師は)英雄として、(中略)そして彼が勇敢な貢献をしたことが記憶に残っていくだろう」。

そのほかの最新状況:

  • イギリスで4人目の感染者が確認。フランスで感染したという
  • スペイン・マヨルカ島でイギリス人男性1人が陽性反応。スペイン国内で2人目
  • 武漢市から避難した200人以上のイギリス人と外国人が英ブライズ・ノートン空軍基地に到着

(英語記事 Thousands on cruise free to go after virus tests