2020年02月11日 12:05 公開

中国・湖北省で新型コロナウイルスによって新たに103人が死亡したと、同省の衛生健康委員会が11日に発表した。これで新型ウイルスによる中国での死者は1000人を超えた。

1日あたりの死者数は、9日は97人だったが、10日は103人に増えた。

中国国内の死者数は1011人に達した。

湖北省の衛生健康委員会によると、同省内の死者数は合わせて974人に上った。感染者数は3万1728人で、致死率は約3%だという。

また、同省では10日、新たに2097人の感染が確認された。1日あたりの感染者数は、前日の2618人から約20%減少した。

<関連記事>

新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)の最中、中国の習近平国家主席は10日、マスク姿で珍しく公の場に登場した。習主席は北京で感染者の治療にあたっている医療スタッフを訪問した。

習主席は、新型ウイルスに対抗するための「さらなる断固たる措置」を講じるよう強く求めた。

また、「我々は最終的にこのエピデミック(伝染病)との戦いに勝つという自信を持たなければならない」と述べたという。

中国政府は、アウトブレイクが始まった当初、新型ウイルスの重大性を過小評価したり、感染の事実を隠そうとしたりしていたとして非難されている。しかし、WHOは、大規模な隔離措置などの中国政府の対応は、ウイルスの拡大を防ぐ良い方法だと称賛している。

習主席は新型ウイルスが発生した湖北省武漢はまだ訪問していない。

WHOの専門家チームが中国入り

世界保健機関(WHO)の医療専門家の先遣隊は10日、中国当局と連携するため中国入りした。

この専門家チームを率いるのは、2014年から2016年にかけて西アフリカで流行したエボラ出血熱の対応を監督したブルース・エイルワード氏。

中国の最新状況

死者の4分の3以上は、新型コロナウイルスが発生した湖北省武漢市内で確認されている。人口約1100万人の武漢市は数週間にわたって封鎖されている。

新型ウイルスをめぐっては、中国だけで4万2200人以上が感染しており、中国は2002~2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)以来の公衆衛生における最も重大な危機に直面している。

各国の状況は

イギリスは10日、新たに4人の感染が確認されたと発表した。これにより、英国内での感染者数は合わせて8人となった。英政府は「深刻な差し迫った脅威」だと警告している。

一方、日本では、横浜で停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、新たに65人の感染が確認されたと、厚生労働省が10日に発表した。乗客乗員約3700人のうち、135人が感染している。

アメリカのドナルド・トランプ大統領は10日、温暖な気候となる4月中に、アウトブレクが終息するだろうと発言したが、この仮説は複数の専門家の見解とは合致していない。

新型ウイルスの症状、感染拡大を食い止める方法とは

新型ウイルスは深刻な呼吸器感染症を引き起こすもので、主な症状は発熱や空ぜきのほか、息切れ、呼吸困難など。

せっけんなどでこまめに手洗いし、体調不良の人との接触を避け、洗っていない手で目や鼻、口を触らないようにすることで、感染のリスクを減らすことができる。

咳やくしゃみをする際はティッシュで口を覆い、ティッシュを捨てて手を洗うことで、新型ウイルス拡大のリスクを最小限に抑えることができる。

(英語記事 Deaths hit new high in China’s virus epicentre