2020年02月26日 13:05 公開

イタリアで新型コロナウイルスの感染が拡大する中、オーストラリア、クロアチア、スイスでそれぞれ、国内初の感染が確認された。イタリアでのアウトブレイク(大流行)との関連があるとみられる。

オーストラリア、クロアチア、スイスで確認された感染者は全員、最近イタリアを訪れていたことが分かっている。

南米で初めて感染が確認された人は、イタリアから帰国間もないブラジル在住者。

また、北アフリカのアルジェリアでも、イタリア渡航歴がある人の感染が確認された。

国境は封鎖せず

イタリアはここ数日、欧州で最も新型ウイルスの影響を受けており、これまでに300人以上が感染、11人が死亡している。

しかし複数の隣国は、イタリア国境の封鎖は「不相応」の対応だとの判断を下している。

フランス、ドイツ、イタリアの各保健相と、欧州委員会の保健担当者は25日の会議で、新型コロナウイルスの新たな感染が欧州のあらゆる場所や、イタリア中部や南部で発生している中、国境を開いたままにすることを約束した。

イタリアのロベルト・スペランツァ保健相は、「ウイルスは国境など尊重しない。そういうものについて、私たちは話し合っている」と述べた。

ドイツのイェンス・シュパン保健相は、隣国はこの事態を「非常に、非常に深刻に」受け止めているとしつつ、「事態が改善する前に、悪化する可能性がある」と認めた。

<関連記事>

イギリスの対応

イギリスでは、旅行者について政府が新指針を発表。これを受け、イタリア北部で休暇を過ごした子供たちが、学校から帰宅させられた。

一方、マット・ハンコック保健相は、イタリアからの空の便を停止する計画はないとした。イギリスからイタリアへの旅行者は毎年約300万人に上る。

「イタリアは中国からの全フライトを停止したにも関わらず、いまや欧州で最悪の影響を受けている」と、ハンコック氏は述べた。

欧州での最新状況

  • オーストリアでは、チロル州インスブルック在住の若いイタリア人カップルが、新型ウイルスに感染していると確認された。そのうち1人が勤務するホテルは閉鎖されている
  • スイスは、イタリアと国境を接するティチーノ州在住の70代男性について、2月15日にミラノ市内で感染が確認されたと発表。男性は現在隔離されている
  • イタリアからクロアチアに帰国間もない男性の感染が確認された。バルカン半島諸国での感染は初めて
  • スペイン領カナリア諸島のテネリフェ島では、ウイルス陽性が確認されたイタリア人医師とその妻が宿泊していたホテルが封鎖され、最大1000人のゲストがホテル内で隔離された
  • スペインでは、イタリア北部に渡航していたバルセロナ在住の女性が感染。スペインで初の症例
  • フランスとドイツも、初の感染者を確認したと発表。感染者は最近、イタリア北部を訪れていた

世界の状況は

イタリアは中国国外のホットスポットとなっている3カ国の1つだ。

イランでは、100人弱が感染したと公表されているが、感染者数はこれよりはるかに多いと推測されている。保健次官の感染が明らかになったことで、新型ウイルスがすでに広範囲に拡散しているという不安が高まっている。

韓国では26日までに1100人以上の感染が確認され、11人が死亡した。中国国外での感染者数としては最多。

韓国の感染者の多くは、南東部・大邱市の宗教団体「新天地イエス教証しの幕屋聖殿(新天地イエス教会)」での集団感染に関係する。複数報道によると、同教会の全関係者21万5000人以上が保健当局による検査を受けているという。

新症例のほとんどは、依然として中国国内に留まっている。同国ではこれまでに約8万人が感染し、約2700人が死亡した。一方で新たな感染者の数は減少傾向にあり、現在は中国国外での集団感染や、国を超えた感染に注目が集まっている。

中国国外での感染急増を「深く懸念」

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は、中国国外での症例が急増していることを「深く懸念している」としている。

米疾病対策センター(CDC)は25日、新型ウイルスは同国に「深刻な」混乱をもたらす可能性があると警告。米国立予防接種・呼吸器疾患センターのナンシー・メッソニア博士は同日、新型ウイルスが世界的流行(パンデミック)となりかどうかが問題ではなく、いつそうなるかが問題だと述べた。

こうした中、マイク・ポンペオ米国務長官は、米政府はイランがアウトブレイクの「重要な詳細」を隠しているかもしれないと懸念しているとした上で、すべての国に対し、「新型コロナウイルスに関する真実を伝える」よう求めた。

イランでの感染は「氷山の一角」

英キングス・コレッジ・ロンドンの伝染病専門家、ナタリー・マクダーモット医師は、中国国外で現在ホットスポットになっている場所では、イランの状況が最も懸念されていると述べた。イランの場合、国内のアウトブレイク拡大状況について、正確な情報が欠如しているからだという。

マクダーモット医師によると、イランで報告されている症例は、危篤状態にある高齢者がほとんど。「これは氷山の一角で、潜在的にはもっと若く、おそらく特に体調が悪くはない人々が多くいそうだ」

ここ数週間の間に、イランと他の地域を行き来している多くのイスラム教シーア派の巡礼者や移民労働者は、すでにウイルスを拡散させている可能性があるとの不安が上がっている。

イランは、隣国アフガニスタンやバーレーン、イラク、クウェート、オマーンで報告された最初の症例の感染源であると考えられている。この国々は現在、イランとの往来を制限している。

(英語記事 Europe's coronavirus outbreak spreads from Italy