2020年02月29日 10:58 公開

世界保健機関(WHO)は28日、新型コロナウイルスが世界規模で大流行する危険度を、最高レベルの「非常に高い」に引き上げた。

一方でWHOは、感染の連鎖を断つことができれば、新型ウイルスを抑え込むことができるとした。

テドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は、恐怖と誤った情報が最大の敵だと強調した。

<関連記事>

新型ウイルスの感染が確認された国は今では、50カ国以上に上っている。

こうしたなか、イランの医療関係者はBBCペルシャ語に、27日夕の時点で新型ウイルスによる死者は210人になったと述べた。これは政府の公式発表の6倍以上だ。


ジュネーヴでの記者会見でゲブレイエスス事務局長は、ほとんどの感染は今なお追跡が可能だと説明。新型ウイルスが「地域で広がり放題」になっている証拠はないとした。

WHO健康危機管理プログラム責任者のマイク・ライアン博士は、危険度について、各国の保健衛生機関の準備が不十分ななか、それぞれの政府が「現実の評価」に役立てるためのものだと述べた。

ライアン博士は、「政府には国民と世界に対して、準備を整える義務がある」とした。


最新の動向

  • 世界全体で感染者は8万人を超えた。死者は約2800人で、その大多数は中国湖北省で確認されている。中国で27日に新たに確認された感染者は327人で、この1カ月で最も少ない人数になった。27日の死者は44人だった。
  • スイスは1000人以上が参加するすべてのイベントを3月15日まで取りやめにした。ジュネーヴ国際モーターショーも中止された。
  • アイスランド、ナイジェリア、メキシコ、ニュージーランド、ベラルーシ、オランダの各国で、最初の感染者が確認された。
  • イギリス人で初のCOVID-19(新型ウイルスによる感染症)の死者が発表された。横浜港で停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客だった。
  • イギリスで海外渡航者との接触が不明の初の国内感染者が確認された
  • 世界経済に対する、新型ウイルスの不安感の影響が続いている。ロンドン証券取引所の株価指数FTSEは今週13%近く下落。株価は総額2100億ポンド(約29兆円)値下がりした。

「まだパンデミックではない」

WHOのライアン博士は、現在のデータからは新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)が発生したとは言えないと強調した。

「コロナウイルスのパンデミックが起きていると言うのは、地球上のすべての人が(ウイルスに)さらされると実質的に認めるときだ」とライアン博士は話した。

「現在のデータはまだそれを示していない。対策を打てばパンデミックが必ずしも自然な結末ではないことは、中国の状況からはっきりしている」

ゲブレイエスス事務局長は、今回の感染拡大がパンデミックにつながる恐れはあると繰り返したが、不必要なパニックには警告を発した。

「現時点での最大の敵は新型ウイルスそのものではなく、恐怖、うわさ、汚名だ」

WHOは、「すべての政府、すべての社会による取り組み」をもって感染を適切に抑え込むことが、感染拡大のスピードを緩め、感染の連鎖を断ち、世界各国の保健衛生制度にのしかかっている重圧を取り去ることにつながるとしている。

(英語記事 Coronavirus risk upgraded to highest level