韓国のプロテスタントは、キリスト教長老派とイエス教長老派が二大勢力である。キリスト教長老派は、かつて民主化運動や反体制運動の中心勢力となった。一方、イエス教長老派は保守的だという。信者はイエス教長老派の方が多いとされる。

 ただ、韓国のキリスト教ではこの2教派のほかに、正統教会から異端視される新興団体も多くの信者を抱えている。過去にも問題を起こした新興団体は数万人から10万人もの信徒を抱えていた。

 韓国では「献金の多い信徒が天国に行ける」といった思いがある。新興勢力は、この宗教理解を巧みに利用し、韓国人に「教祖は神様と話ができる」「教祖はキリストの甦り」と教導することで信徒を増やしていった。

 さらには「誰が天国に行けるかは、教祖様と神様の相談次第だ。だから献金しなさい」といった教えが語られるから、教会には多くの資金が集まる。

 韓国庶民の宗教は、李王朝時代から続く「ムーダン(巫堂)」と呼ばれるシャーマニズム(巫女の預言、加持祈禱(かじきとう))が今も生きている。この伝統と宗教感情をも利用し、教会は信者数を拡大させていった。「教祖が神様と話ができる」という呼びかけは、シャーマニズムが息づく朝鮮半島の宗教文化では受け入れられやすいのである。

 感染源とされる「新天地教会」は海外伝道にも力を入れており、武漢や米国の首都ワシントン、アフリカのウガンダ、内モンゴルなどに教会支部を設置しているという。ただ、新型コロナウイルス感染が韓国内で問題視され始めると、協会のホームページから「武漢」の名前が消えた。

 中国のキリスト教は当局支配下の組織として「三自愛国教会」や「天主教愛国会」などに限られ、指導部は外国団体の伝道を認めない。そのため、「新天地教会」には秘密集会で布教していた可能性が浮上する。

 つまり、教会関係者や幹部が昨年末まで武漢を行き来するうちに感染し、信者にも広がった疑いがある。それでも、韓国政府とメディアは、この問題を追及していなかった。だが、3月に入って、ソウル市が教祖ら幹部を殺人、傷害、感染病の予防などに関する違反などの疑いで検察に告発し、教祖はようやくひざまずいて謝罪した。
2020年3月、韓国北部の京畿道加平郡の教団施設周辺で記者会見し、謝罪する新天地イエス教会の李萬熙教主(聯合=共同)
2020年3月、韓国北部の京畿道加平郡の教団施設周辺で記者会見し、謝罪する新天地イエス教会の李萬熙教主(聯合=共同)
 韓国の宗教団体はお金持ちである。特に、新興キリスト教団体には毎年数十億円から100億円単位の献金が入ってくる。

 その資金を海外布教に投資していると宣伝する。韓国当局はマネーロンダリング(資金洗浄)を疑っているが、手が出せないのが現実だ。